1616BBS 無料レンタル掲示板 空の下 ヒナちゃん退院


2018.5.11。

…ヒナちゃんが退院してきました。

ヒナちゃんの病名は皮脂腺ガンでした。

(発症年齢のピークは犬で8~13歳、猫で7~13歳。好発犬種はイングリッシュ・コッカー・スパニエル、シベリアン・ハスキー、コッカプー、ウェストハイランド・ホワイト・テリア、ケアン・テリア、ダックスフント、プードル、シーズーなど)

現代は犬猫も長寿になり、それに伴って出てきたガンですね。

昔なら、その年齢には普通に寿命を迎えたから、このガンには気づかずに空に引っ越ししたのでしょう?

いわば、長寿だからこそのガンですね。

ヒナちゃんの犬種はコッカースパニエル。

コッカースパニエルの平均寿命は11歳と言われてます。

ボスくんは11歳、レディーちゃんは13歳で空に引っ越ししました。

ヒナちゃんは今日現在14歳で、11月には15歳になります。

ヒナちゃん…奇跡的な長寿なんです(*^^*)

だから、ガンが出ても当たり前と言えば当たり前なんです。

今回の手術入院は首に出来たガンを取りました。
 
グリーンの包帯のところにもコブがありましたが、首のガンを取った時点で、ヒナちゃんの体力が持ちそうにないので、足のコブは取らずに手術を終了しました。

 ヒナちゃんの余命は3ヶ月ぐらいかも?と言われてます。

が、年齢を考えたら、儲け、儲け、の有難い話です(すでに平均寿命を数年超えてるのですからね)

だから、危機的な手術をしただけで、あとは身体を痛めずに、穏やかに、穏やかに、ニコニコと過ごそうと決めました。

大切な愛しき命は私の腕の中で看取りたいです。

ボスくんもレディーちゃんも、歴代のワンコも猫も全てそのようにして、空に送り出してきました。

現在のヒナちゃんは手術の影響で首から顔までイビツに腫れています。

しかし、元気があり、自分で歩きますし、水も自分で飲みます(*^^*)

亀吉くんも嬉しくて、ヒナちゃんの周りをウロウロしてます。

ヒナちゃんの、足のコブはぶつけると血が出るので包帯を編みました。

今夜はヒナちゃんと寝れます?

ヒナちゃん、お帰りなさい。

楽しい終活にしようね(^ー^)
スポンサーサイト
2018.05.12 Sat l ペット(アメリカンコッカースパニエル) l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿