1616BBS 無料レンタル掲示板 空の下 ニンニと私
22008130_1546492332094315_156641428326962362_n.jpg


悲しみが深すぎて、ついに姿が見えなくなってしまった女の子…ニンニ。

何も問わず、ニンニを抱きしめるムーミンママ。

その夜、ムーミンママは悲しみに沈むニンニのために、夜通しミシンで何かを縫っていました。

翌朝、自分のために縫い上げられた可愛らしい服とリボンを目にしたニンニは、少しずつ姿を表し始めます。

ムーミンの物語で、私が1番好きな話です。

私は、深い悲しみに声を失った(失語症)ことがあります。

自分では話しているのに、声が出ない。

そんなことが数日続きました。

あのときの恐怖と絶望感を思い出すと、今でも胃がキリキリ痛みます。

私の声が戻ったのは、ある人に、ニンニのようにギュッと抱きしめられて(好き)と言ってもらえたからです。

だから、私は子育てをするとき、イッパイ息子たちを抱きしめました。

我が家に遊びに来ていた子どもたちは、私にギュッと抱きしめられたり、頭を撫でられた経験があるはずです(笑)

誰かに(好き)と言われた経験は…

誰かに愛された経験は…

時に生きる力になるのです。

夏目漱石も申しております。

【恋は宇宙的な活力である】とね(*∩ω∩)

私もムーミンママに抱きしめられたいわ。
スポンサーサイト
2017.09.28 Thu l 日記 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿