1616BBS 無料レンタル掲示板 空の下 ダンディー

狭い通路で人と人とがすれ違う。

そんな場面でのことです。

コチラにいた私は荷物が多く、アチラから足早に来る男性は身1つでした。

狭い通路では、明らかに荷物が多い私が邪魔です。

そう思った私はトントントンと後ろに下がり少しでも広そうなところの通路の壁にへばりつくようにして身を縮めて、男性が通りすぎるのを待ちました。

「お先にどうぞ」のパターンですね。

ところが男性は一向に私とすれ違わない。

「ん?」と思った私が男性を見やると、男性は通路の向こうから私をニコニコと見ていました。

男性は向こう側でニコニコと立ち止まったままだ。

私は避けた態勢をしているので「こちらへどうぞ♪」と言う風に身ぶりで示しました。

男性は、向こう側で「貴女が先にどうぞ」とゼスチャーしました。

そんな無言のやり取りが二三度続き…

やがて、男性は「お嬢さん、いらっしゃい」と声を発して手招きをしました。

あぁ~。

そこまでされちゃ…応じなきゃ失礼と言うもの。

私は男性のご好意に甘えて「ありがとうございます」と言って頭を下げて先に通していただくことにしました。

男性は私とすれ違うとき、私に「ありがとう」と笑顔で仰有いました。

私は軽く会釈をして、お先に通していただきました。

…なんてダンディーなのでしょう。

あのような咄嗟の時に人間の本性が出るのです。

それに、あの男性はメガネをかけていて、とても知的な雰囲気を漂わせていました(私はメガネの男性に弱いのです(笑))

人と成り…。

きっと日ごろから美しい所作が身についているのでしょう。

素敵ですね。
スポンサーサイト
2017.09.08 Fri l 日記 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿