1616BBS 無料レンタル掲示板 空の下 二河白道
img40.jpg


(二河白道)って言葉をご存知だろうか?

これは人の心の有り様の話なのですが。

絵や庭で度々(二河白道)を見ることができますね。

赤い河と青い河があり、その真ん中に仏に続く白い河(白道)がある。

赤い河は火の河、青い河は水の河。

人間は、心が揺らぐだけで、白い道を踏み外して、いとも簡単に赤い河や青い河に落ち、身を焼いたり凍えたり。

歌人の中原綾子(与謝野晶子の門下)は人妻であったが、あるとき、本当に好きな男性と一緒になった。
子どもは、夫の実家が手放さないので夫に置いて。

そのとき、綾子は自分の門下生に挨拶状を送った。
「このような立場にいる私を先生とされていて、さぞ迷惑なことでしょう。どうぞ自由に私のもとを離れてください」と。

どんなに世の中が変わろうが人間は皆ユラユラと(こうするしかないのです)と心に決めて、二河白道を歩いているのです。

時に賢くあったり、時に愚かであったり…。
ゆえに人間は愛おしいのでしょう。

二河白道の言葉を生み出した人は、よくよく心が深い人だったのでしょうね。

あなたは今、どんな道を歩いているのでしょう。
・・・なんてことを思ったりする、お昼時です(*∩ω∩)
スポンサーサイト
2017.07.10 Mon l 日記 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿