1616BBS 無料レンタル掲示板 空の下 映画…ジヌよさらば~まほろばの村へ…2015年。

映画…ジヌよさらば~まほろばの村へ…2015年。

★あらすじ
松尾スズキ監督と松田龍平が「恋の門」以来約10年ぶりにタッグを組み、いがらしみきお原作の人気コミック「かむろば村へ」を実写映画化。銀行員なのにお金アレルギーになり、会社を辞めるハメになった高見武晴は、お金を1円も使わない暮らしを求めて東北の寒村に移住する。そこで彼は、隠された過去を持つ世話好きな村長とその美人妻、自ら「神様」を名乗り人々から慕われる老人など、ひと癖もふた癖もある村人たちと出会う。そんな村人たちと触れあいながら、お金とかけ離れた毎日を送るうちに、武晴の人生は思わぬ方向へと転がりはじめる。タイトルの「ジヌ」は、東北地方の方言で「銭」「お金」を意味。共演に阿部サダヲ、松たか子、二階堂ふみ、西田敏行ら豪華キャストが集結。

★個人的感想
私の故郷、福島県(会津、会津坂下、やないず)がロケ地になっています。
台詞も全て福島の方言です。
しかし…原作がお粗末なのか監督が悪いのか脚本が悪いのか、下品です。
武晴のお金目的で美人局的に近づいてくる女子高校生や「お前の女と一発やらせてくれたらチャラにしてやる」「お前の女、顔も良いけどあそこの具合が良いだろう?」「SEXが良いからヨリを戻しました」などの台詞。
…見ていて気分が悪くなりました。
しかも、その台詞を共演者の子どもの前で言い、共演者の子どもが,ひっく返って笑って喜ぶ。
何かにつけて、横蹴りして倒す。
すぐに殴りかかる。
お金を燃やす…などなど。
それらの映像の何が面白いのかサッパリわかりません。
品のかけらも無い映画で残念でした。
出演者が良いだけにガッカリ感でイッパイになりました。
スポンサーサイト
2017.06.19 Mon l 2017年に見た映画 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿