1616BBS 無料レンタル掲示板 空の下 映画…ベルサイユの宮廷庭師…2014年。



★あらすじ
1682年フランス。国王のルイ14世(アラン・リックマン)は、国の栄華を象徴するヴェルサイユ宮殿の増改築を計画する。国王の庭園建築家アンドレ・ル・ノートル(マティアス・スーナールツ)は、庭園の建設をサビーヌ(ケイト・ウィンスレット)という無名の女性庭師との共同で任されることに。自由な発想で仕事に臨む彼女と伝統と秩序を大切にしてきたアンドレは、事あるごとに衝突してしまう。その後、徐々に彼女の唯一無二であるセンスを認め、彼女の魅力に惹(ひ)かれていく。

★個人的感想
好きだとか惚れるって…その人の思想や行動、才能にズキューンだったりするよね。
スポンサーサイト
2017.01.30 Mon l 2017年に見た映画 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿