1616BBS 無料レンタル掲示板 空の下 映画…信長協奏曲…2016年



★あらすじ
戦国時代にタイムスリップし、織田信長と入れ替わった高校生サブローが運命の“本能寺の変”を迎え、歴史に立ち向かっていく姿を描く。共演は柴咲コウ、向井理、山田孝之。監督は「ライアーゲーム -再生-」の松山博昭。戦国時代にタイムスリップした高校生サブローは、ひょんなことから瓜二つの織田信長と出会い、信長として生きていくハメに。それでも覚悟を決め、戦乱の世に平和をもたらそうと天下統一を目指していく。そんな中、自ら明智光秀となってサブローを支えると誓ったはずの本物の信長は、妻・帰蝶と真の愛を育むサブローに嫉妬心を募らせる。さらに、信長への復讐に燃える羽柴秀吉も、虎視眈々と暗殺の機会を窺っていたのだが…。

★個人的感想

地上波で放送されたので、みました。

ドラマは見ていたので、すんなりと物語りに入っていけました。

この映画を見て思ったのは、やはり女性には指輪って最強なのかも?…と言うこと。

信長が帰蝶ちゃんに指輪を贈り、帰蝶ちゃんが指輪をはめるシーンでは涙が出てしまいました。

そして、信長が現代に戻り、帰蝶ちゃんからのメッセージの場面で、またもや信長が帰蝶ちゃんに贈った指輪が画面に登場…。

「変わらぬものがあるぞ。ソナタの思いじゃ」

指輪にズームアップ。

穏やかに微笑む帰蝶ちゃんと指輪をはめている帰蝶ちゃんを見て涙を落とすサブロー(信長)

私も再び泣いてしまいました。

この物語りの作者は女性です。

やはり、女性の心理(帰蝶ちゃん)を表現するのが上手いですね。

…帰蝶ちゃんの指輪じゃないけど、物が持つ力って凄いと思います。

何年経っても、もらった其れを見ると強くなれたりする♪

もしかしたら…物に命が宿る…って、このようなことを言うのかもしれませんね。

もしも願いが叶うなら、私は父親にプラチナの指輪をプレゼントしてもらいたかったわ。

女の子は、19歳の誕生日に父親からプラチナの指輪をプレゼントされると、一生幸せに過ごせるって言われてますものね( 〃▽〃)

私の父親は私が5歳の時に亡くなりました。

だから、私がどんなに強く望んでも、天地がひっくり返っても…今では、けして叶うことはない願いです。

今でも時々、プラチナの指輪やピアスを妄想することがあります。

もしももしも、それが有ったなら私はもっと強く賢く美しく清らかに…生きれたのかもしれませんね(笑)((o(^∇^)o))

映画を見たら、亡き父に抱きしめてもらいたくなりました♪
スポンサーサイト
2017.01.17 Tue l 2017年に見た映画 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿