1616BBS 無料レンタル掲示板 空の下 願わくは
woman_70.png

A:「貴女、コレを読むでしょ?」

私:「はい」

A:「そうよね。それが男の人って読まないのよ。それで私の前に急にスゥーと立ちはだかるからね、私は心臓が止まるんじゃないかってくらいに驚いて…。
ホント男の人ってイヤよねぇ~」

私:「そうなんですか。男の人は大雑把だから読まないのかもしれませんね?」

A:「ちゃんと読みなさいってね!!」

私:「そうですね」

Aは去り・・・五分後・・・Bがやってきた。

B:「ふぅ~。あの人に抜かされたらイヤだから急いじゃった。抜かされたら癪に障るからねぇ~」

私:「はい」

B:「あの人、アッチに行っちゃったから良かったわ」

私:「そうですね、行ってしまいましたね」

B:「あぁ~、あの人が居なくなって清々したわ」

Aさん、Bさんは、ズカズカと私に話しかけてくる。

しかし、Aさん、Bさんは、私の知り合いではございませんし面識もございません。

私にとっては初対面のご婦人さんです(笑)

私は昔から突然、知らない人に親しげに話しかけられることが多いです。

自分では、外ではそれなりに緊張感を持った顔でキビキビとしているつもりなのですが、そんなに私は暇そうに見えるのでしょうか?

それとも、ダレカレ構わず話し出すって、、、オバサンたちの特徴なのでしょうか?(もちろん私もオバサンですけど)

私も、そのうち、あんな風にダレカレ構わず話しかけるオバサンに進化するのかなぁ~?(笑)

願わくは…それなりに節度を持った可愛らしいオバサンになりたいです(´艸`)






スポンサーサイト
2016.10.14 Fri l 日記 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿