1616BBS 無料レンタル掲示板 空の下 背守り



久しぶりに美しいものを見ました♪

女性の背中に四角い(あて布)がしてあるのが、、、判りますか?

これは≪背守り≫と呼ばれるものです。

その昔、魔物は背中から忍び寄って、付け入ってくると考えられていました。

ですから、人びとは背中に目をつけることで魔除けをしたと言われています。

目の代わりとなったのが、この≪背守り≫です。

昔は衣服と言ったら着物でした。

大人の着物には背中に布地の縫い目が1本あり、その縫い目が魔物を睨み、魔除けや難のがれが出来ると考えられてました。

しかし、幼き子どもの着物には、背中に縫い目がなく、無防備でした。

魔物に狙われ放題です。

病気にかかったり事故や不運に巻き込まれたり、命を落とすことも珍しいことではなかった時代、魔物に狙われないように…と考えた人びとは衣服の背中に≪背守り≫を縫いつけ、我が子や愛する人の無事を願いました。

≪背守り≫は愛する者への御守りだったのです。

なんて美しいのでしょう~。

≪背守り≫には色んなデザインが有ります。

私は勉強不足で、まだ、理解してませんが、、、模様にも其々に意味があるのでしょうね。

≪背守り≫は江戸時代ごろには、大変もて囃されたそうです。

【愛しています。この御方を御守りください。今日も1日、安楽に過ごせますように】

それが、≪背守り≫です。

素敵すぎます。

これからは私も背守りを付けようかなぁ~(*´ω`*)
スポンサーサイト
2016.10.08 Sat l 日記 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿