1616BBS 無料レンタル掲示板 空の下 負けず嫌いとおっとりさん。
55824116.jpg

チャリチャリと私用で出かけると、私のすぐ後ろから自転車に乗ったオバサンがやってきました。
私もオバサンですが、その人もオバサンで、恐らく似たような年齢です。
私のは電動自転車、オバサンのは普通の自転車なので動力には大きな違いがあります。
私はペダルを軽く踏んで道路の端に寄り、オバサンが私を抜かしやすいように力加減をしました。
すると、オバサンは必死にペダルをこいで私を抜かしました。
そして、振り向いて得意そうに私を見てると、勝ち誇ったようにニマッと笑いました。
(ああ~この人、負けず嫌いなんだ)…居る要る…こう言う人(笑)
きっと、オバサンは私を抜かして前に出れたことが気分良いのでしょうね(´艸`)
私は抜かされても一向に気にならない人間なので、
(あのオバサンは今日は機嫌が良いかも♪)と能天気に思ったりした私です。

さて、私は郵便局に行き、ATMでの振り込みのために電動自転車を停めました。

その時点でATMには数人の列が出来ていました。
横の道路には、急ぎでATMをしたい人なのか、オジサンが路駐して、植え込みを跨いでATMに並ぼうとしています。
(みんな、忙しいよね?)と暢気に自転車に鍵をかける私。
オジサンが列に並んだのを見計らって私がオジサンの後ろに並ぼうとすると、
オジサンは「どうぞ。お先にどうぞ」と私を自分の前に促します。
「えっ、私は並ぶのが後でしたので、あなたの後ろで良いですよ」と、身振りで伝えると
オジサンは自分の前に隙間を空けて「どうぞ。前にどうぞ」と。
私は郵便局の駐輪スペースに自転車を停めていますが、オジサンは車を路駐です。
それって、路駐するほど急いでいるってことなのでしょう?
私に前を譲ってる場合じゃないと思うのですけど…(笑)
オジサンが何度も先を譲ってくださるので「私はユックリで平気ですから、お先にどうぞ」と返事をしました。
すると、オジサンは「ありがとう」と言い、私にペコっと頭を下げて、ようやく私の前に並びました。
でも、オジサンはやはり自分が前にいるのが気まずいのか、何気なく、何度も私を見ては申し訳なさげにニコニコとしています。
…ATMがオジサンの番になり、オジサンがATMボックスに入って…済ませ出てきました。
今度はオジサンは、私がATMボックスに入りやすいようにドアを持っててくださいました。
私は、その行為に甘え、入らせていただきましたが、
内心は「ドアなんて気にしてくれなくても大丈夫ですから、路駐してるんだから早く行ってくだい」と(笑)
…何だか、あのオジサン、私と同じにおいがする人間でした(笑)
負けず嫌いさんとおっとりさん。
対極なお二人さんを見た日でございます。

あなたは、どちらが好きですか?
スポンサーサイト
2016.10.03 Mon l 日記 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿