1616BBS 無料レンタル掲示板 空の下 2014年03月
おはようございます。
弥生3月の最終日となりました。
本日の朝食はヒジキごはんです。
朝食は一日の活力源です。
シッカリ食べて行ってらっしゃい~♪

10150642_621032197973671_971025961_n.jpg


スポンサーサイト
2014.03.31 Mon l 一応は料理(笑) l コメント (0) l top
2014年3月30日。

3月最後の日曜日…生憎の雨です。

本日のブランチは、サラダとトッポギを作りました。

このサラダのトマト、やたらと赤いでしょ♪

近隣市にあるトマト専業農家さんにわざわざ買いに行ってきたと言って友だちがプレゼントしてくれました。

濃厚でお日様のにおいがする美味しいトマトでした(*^・^*)

もちろん、サラダは大好きなアボカド入り。
(アボカドの種は、後ほど夢をのせて植えます)

美味しいものを口にすると、それだけで幸せを感じますねぇ~(´∀`)

1396141142627.jpg


1396141157862.jpg
2014.03.30 Sun l 一応は料理(笑) l コメント (0) l top
我が家のボケの花3種。
赤、ピンク、白のボケの花が見頃を迎えました。
我が家のボケの花はヒョロヒョロと痩せっぽちのノッポさんなので、
花が終わったら来年に向けて剪定しなきゃね♪ (-^〇^-)

boke_20140329104201f4d.jpg
2014.03.29 Sat l 未分類 l コメント (0) l top
本日、接した赤ちゃんは生後8ヵ月。
身長、体重、精神面もとてもバランス良く成長している可愛らしい赤ちゃんでした。
12キロを超えてるであろう赤ちゃんをおんぶするわけでもなくずっと抱っこをしてあやすのは体力が必要です。
赤ちゃんの母親の年齢は40歳。
疲れているように見受けられましたが子育てを本当に頑張ってる様子でした。
ひとくくりに女性と言っても体力には個人差があります。
もしももしも私が40歳で夜泣き全開の乳児を24時間体制で育てろ!と言われたら、もはや無理だろうと思ったわ。
振り替えれば、私自身が40歳ときは私の息子たちは20歳と18歳の青年に成長していた。
若い母親の悩みは色々あることでしょう。
歳を重ねた母親の悩みも色々とあることでしょう。
元々、体力が乏しい私としては、ベスト年齢での子育てだったのだと思いました。
2014.03.28 Fri l 未分類 l コメント (0) l top
紫色の古典薔薇柄の着物。

紫色の服って昔は高貴な人しか着るのを許されなかったそうです。

現代は紫色の服は特定男性たちの、ある種の合言葉?(笑)として用いられることもあるそうですね。

この和服は古いものですが上質のシルクが使われています。

1度手洗いして、ほどいたらリメイクします。

やれるときにやれることをしておかないとね♪

何が良いかな?

m_20140328093702832.jpg
2014.03.28 Fri l 手仕事 l コメント (0) l top
本日のお魚は真鯛の唐揚げ。
わさび塩でいただきますよ♪
お魚は美味しいよね( 〃▽〃)

6427_619328551477369_1463509919_n.jpg





2014.03.27 Thu l 一応は料理(笑) l コメント (0) l top
3月27日、外は朝から雨降り。

本日は雨なので朝からチマチマと毛糸遊びをしていました。

鍵っていつの間にか増えるのよね?

長男の事務所の鍵は全部で3つ。

わりと嵩張るので長男の事務所専用のキーケースを編んでみました。

蝶とお花をあしらってみました。

あまり物の毛糸で編んだので配色がイマイチですね(-^〇^-)

kkk.jpg

naka.jpg

k_20140327125813d88.jpg



2014.03.27 Thu l 手仕事 l コメント (0) l top
3月26日の泣きむし柚菜(私の孫娘)。
(柚菜ずきんちゃんの編みぐるみ)は、さおりママとの合作(笑)
ストラップをつけたのでぶら下げられます。
柚子色の毛糸が無かったので、これで我慢(*∂v∂)

nyz.jpg


2nyz.jpg


zukinn.jpg
2014.03.26 Wed l 手仕事 l コメント (0) l top
息子の所の仕事のお手伝いは午前中だけでOKだったので、ご機嫌にお買い物をして帰ってきました♪

本日のお薦めは4種類のチーズドレッシング。

文句なしに美味しいドレッシングでした。

これは次も買いですね(-^〇^-)

D_20140326123743024.jpg

s_2014032612370977c.jpg
2014.03.26 Wed l 一応は料理(笑) l コメント (0) l top
寒い寒いと思っていたが季節は着実に巡っていました。

我が家に一本だけあるサクランボの木(佐藤錦)。

いつの間に花が咲いていました。

花の盛りも過ぎて今日にも散りそうです。

日々、色んなことがあるけど、こうして今年も春が来て来年も春がくるのでしょうね。

人間なんてチッポケです。

そんなチッポケな人間が抱える悩みなど風に吹き飛ばされるくらいチッポケなことなのかもしれません。

憂いることなかれ。

過ぎ去れば、今日の憂いも笑い話になります。

1982209_618749594868598_1776198254_n.jpg
2014.03.26 Wed l 未分類 l コメント (0) l top
私は数日後に手術を受けることになり、入院用の細々としたものを買出しに行った。
買ったものを車に詰め込んでいると、いつの間にか4歳くらいの見知らぬ男の子が車の助手席に乗り込んでいた。
私は男の子が自分ちの車と間違えて乗り込んできたと思ったので男の子に声をかけた。
「あら、あら? お母さんはどこ?」
男の子は私にギュッーと抱きついてきて、離れない。
「誰と来たのかな? お父さんかな? お母さんかな?」
男の子は更にギュッーと私にしがみついてきてカンガルー赤ちゃんのように私に抱きついている。
私は男の子の顔を見た。
ぷっくりとした可愛いホッペには赤いアザがある。
おでこにも不自然なアザがある。
私は不信に思って男の子の体を何気なくチェックした。
私に必死にしがみついている男の子の腕には無数のアザがある。
私に絡みついて剥き出しになった足にも無数のアザがある。
そのアザは病気によるものとも、湿疹などとも違う打撲的なものだ。
”この男の子は虐待を受けているのだろう?と思われた”
このまま親御さんに戻したら、この子はまた虐待させるんだろうな?
逃げた?ことに逆上して今までよりヒドイ虐待が行われるのかもしれない、と思わされた。
カンガルーの赤ちゃんのように怯えきって私にしっかと抱きついている子どもを見て途方にくれた。
しかし、私が連れ帰るわけにはいかない。
どうすれば、この子は叱られずに済むのだろう?
暫く考えて、私はお店に引き取ってもらえば良い…と思いついた。
男の子の頭を撫でながら、私は車から降りた。
何かを察したのか、男の子は私の首元までよじ登って「イヤだ。行かないで。行かないで」と懇願した。
男の子の目からボタボタと涙がこぼれた。
”辛かったのだろう~?”
男の子はしゃくりあげながら「ヒック、ヒック」と泣いている。
私の胸元は男の子の涙でビショビショになって、私の胸までを濡らした。
でも、いつまでもこうしているわけにもいかない。
”そうだ、ジュースを買ってあげて、その際にお店の人に引き渡そう”
「喉が渇いちゃったね。 ジュースでも飲もうね」
そう声をかけると男の子は泣き止んだ。
それでも、男の子はカンガルーの赤ちゃんのように私にピッタリとしがみついている。
不安げにキョロキョロと周りを見回して、痛いほどに私にしがみついてくる。
私はそのまま、お店のジュース売り場にたどり着いた。
「何が好きかな? オレンジ? それともリンゴがいいかな?」
ジュースを目の当たりにして、男の子は私からようやく降りた。
でも、私がほんの少しでも動くと不安なのか、男の子は私のスカートもむんずと握って離さなかった。
私は、男の子がジュースを選んでる間に、手招きをして店員を呼び寄せた。
もちろん口元に指を当てて「シー」っとしてだ。
利発そうな店員は私の「シー」に乗ってきて、何も言わずに私の出方を待っている。
私は男の子に気づかれないように、そっと男の子を指差し「ま・い・ご。 ま・い・ご」と無言で店員に告げた。
店員は黙ったまま頷いた。
「ジュース 決まったかな?」
私の声に男の子はアンパンマンのオレンジジュースを差し出した。
「これ美味しいよね。 お金を払ったら、これを飲もうね」
と言うと男の子はニッコリとして、またカンガルーの赤ちゃんのように私によじ登ってしがみついて来た。
私はコッソリと、店員に目配せをした。
店員は状況を察したのか、私たちの後を素知らぬふりをしてついてきた。
レジに並びジュースの代金を支払った。
男の子は、ずっーとしがみついたままだ。
「ここじゃ飲めないね。
どこかに座って飲もうか? 
あっ、お兄さん、どこかに座れるところはありますか?」
私は付いてきている店員のお兄さんに声をかけた。
すると店員のお兄さんは待ってました!とばかりにお店の控え室に案内したのだった。
私と男の子がお店の控え室に入ると、店員はそこにいたスタッフに耳打ちした。
スタッフは私たちに二つの椅子を勧めてくれた。
私は男の子に「椅子に座って飲もうか?」と勧めた。
が、男の子は辺りの様子を見て急に不安になったのか「イヤだー」と大きな声で叫んで、無我夢中で私にしがみついた。
気が急いたスタッフは「お名前はなんと言うのかな?」「何歳かな?」「誰と来たのかな?」と矢継ぎ早に男の子に聞いている。
その質問のたびに男の子は狂ったように泣き、私にしがみついて来た。
ストローをさしてやったオレンジジュースは部屋中に撒き散らされた。
スタッフはあからさまに迷惑そうな顔をして警察に「迷子がおりまして…」と電話をした。
男の子は私にしがみついて「イヤだー、イヤだー。行っちゃいやだぁ~」と鼻水まで流して私にしがみついた。
「大丈夫よ。大丈夫」
男の子をなだめすかすが効果は無い。
男の子は更に…更に…と私にしがみつくばかりだ。
男の子の細い指が私の胸に肩に首に食い込む。
私と男の子は男の子が流す涙とオレンジジュースでベトベトだ。
やがて、警官が到着して、男の子は警官の手によって強引に私から引き離された。
男の子は必死の形相で「行かないでー。置いてかないでー。イヤだぁ~、行っちゃイヤだァ~」と目をひん剥いて叫んだ。
警官は「ご苦労様」と私に言って、私に外に出るように促した。
それに従うしかない私。
控え室のドアの向こうから「うぅ”~。 うぅ”~。行かないで~。 置いていかないでよ~」と男の子の断末魔の叫びが聞こえてくる。
私には、どうしてやることもできない。
黙って立ち去るしか無かった。
私の胸に、肩に、首に男の子と過ごした痕跡が痛々しく残って、何とも言いようもない、後味の悪さだけが残った。
…。
…今日は、こんな夢を見て目覚めた。
生々しすぎて、寝起きが悪いです。
アチコチ妙に凝っていて、気だるいです。
あっ、私に手術の予定は今のところございません(笑)
2014.03.25 Tue l ショートストーリー l コメント (0) l top
食材買い。
1000円ぴったりでした(^○^)

1521834_617986468278244_236517251_n.jpg
2014.03.25 Tue l 未分類 l コメント (0) l top
「愛妻の死後、ボクを支えてくれた女性のために何かをしてやりたい。
息子よ、父さんの最期のわがままを許してくれよ」
「宇津井健 内縁の妻と死の当日に入籍 遺産10億円 男のケジメ」
金額を提示した途端に妙に生々しくなってきたかも?
内縁の妻が妻に納まって正式な妻となっても遺された子どもたちは先妻の子どもたちだもの。
金額が金額だけに遺族にはアレコレと問題が勃発するのでしょうね。
2014.03.24 Mon l 未分類 l コメント (0) l top
2014年に見た映画…1984放映映画(ビバリーヒルズコップ)

★あらすじ★  
エディ・マーフィ-主演による刑事アクション。幼なじみを殺害された黒人刑事アクセル。彼は上司の反対を押し切って、真相を暴くためロスへやって来る。そして現地の二人組の白人刑事を味方につけ、悪の組織を叩きつぶす……。

★個人的感想★
何も考えず笑いたいとき、私はエディ・マーフィ-の映画をみます。
多分、私は、彼が主演の映画は全作品を見ていると思います。
この(ビバリーヒルズコップ)はシリーズ化されて4作品が映画になってますね。
今では4作品をDVDで見ることができます。
これは1作目の(ビバリーヒルズコップ)です。
今回も存分に笑わせていただきました。

33_463481.jpg






2014.03.24 Mon l 2014年に見た映画 l コメント (0) l top


★あらすじ★
自然あふれる長野・松本の本庄病院で、内科医として働く栗原一止(櫻井翔)。24時間365日体制で医師不足の問題を抱える病院で、前向きな職員たちと共に診療をこなす一止にとって、最愛の妻・榛名(宮崎あおい)らと語らうことが日々の楽しみだった。そんなある日、一止はある患者と出会い、人生の岐路に立つこととなり……。

★個人的感想★
今年は神様のカルテ2が放映されているので、1作目を再び見てみました。
個人的には患者である加賀まりこさんが良かったですね。
私の中では、加賀まりこさんは(性格のキツイ言いたい放題の女優)ってイメージしかありませんでしたが、
映画の中の加賀まりこさんは、美しく優しく穏やかで賢くて繊細で、一人の女性を、とっても素敵に演じていました。
素直に好感をもちました。
やはり女優さんなんですね。
神様のカルテ2を見るのが楽しみです。

20110610016fl00016viewrsz150x.jpg
2014.03.24 Mon l 2014年に見た映画 l コメント (0) l top

★あらすじ★
周囲の生き物たちの声が聞こえる能力を持つ天真爛漫(らんまん)な妻の“ツマ”こと妻利愛子(宮崎あおい)と、背中に入れ墨のある売れない小説家・“ムコ”こと無辜歩(向井理)は、出会ってからたちまち結婚。二人とも互いに言えない秘密を抱えていたが、至って平穏な日常を送っていた。そんなある日、ムコに差出人不明の手紙が届いたことから、二人の関係にさざ波が立ち始め……。

★個人的感想★
視聴者の感想では5つ★の評価で★や★★を続出した低評価の映画でした。
…ん…皆々様の評価のとおり、表現として???な部分も多く、内容がグズグズの映画でした。
特に後半に来ると????の部分…が際立ってました。
物語の作り人は独特な思想の持ち主のようで・・・あっちの世界にワープしているのかな?
素敵な豪華キャストを揃えて作った映画なのに、低評価過ぎて残念でしたって感じです。
元々、夫婦と言うのは、どこの夫婦も他人が夫婦になったのだから、
連れ合いのことを100%理解出来る、100%把握できてると言うのが、そもそもの間違い。
寄り添うように努力してる夫婦は、世の中にはたくさんいるよね?と思って見ればOKの映画かもしれません。

20121011004fl00004viewrsz150x.jpg
2014.03.24 Mon l 2014年に見た映画 l コメント (0) l top
柚菜(ゆずな)のお宮参りも無事に済みました。

大ちゃんもさおりちゃんもお疲れ様でした。

皆、健やかに過ごせますように♪(*^・^*)

ds.jpg

yuzu1.jpg
2014.03.23 Sun l 未分類 l コメント (0) l top
本日、3月22日の午後からは中村家の次男夫婦の娘(ゆずな)のお宮参りでした。

風が冷たかったけど晴れていてホッとしました。

左から中村パパ、大ちゃん、さおりちゃん、中村ママと(私とゆずな)、渡辺ママ、渡辺パパです。

男性たちはスーツ姿、女性たちは和服でした。

ゆずなちゃんは純白のシフォンドレスでした。

お宮参りの後は次男家にて家族パーティーをしましたよ(^ー^)

yuzu.jpg



2014.03.22 Sat l 未分類 l コメント (0) l top
今日のとっても嬉しいお買い物。
乾燥トマト。
生トマトよりリコピンが豊富です。
ままポリポリ食べてもいいし、パラパラしてサラダに振りけてもスープに浮かべても良いですよ(^ー^)

10150745_616601985083359_2122857291_n.jpg
2014.03.21 Fri l 未分類 l コメント (0) l top
明日(3月21日)は春分の日…春のお彼岸です。
それで、今夜は(おはぎ)を作りました。
何故、お彼岸には御霊前に(おはぎ)をお供えするか?
それはね、(おはぎ)に使う小豆が赤い色をしていて、その赤が邪気を払うと言われているからですよ。
今夜は3種類の(おはぎ)を作りました。
小豆餡子・黒ごま・きな粉。
レディーちゃん・ヒナちゃんも無病息災で長生きできるように、しっかりと(おはぎ)を食べましたよ。
この(おはぎ)は息子夫婦たちも食べることでしょう。
みんな、元気でいないとね♪
どちら様も健やかにお過ごしくださいませ(*^・^*)

ohgi.jpg


2014.03.20 Thu l 一応は料理(笑) l コメント (0) l top
ほどいた和服のリメイク2作目は(ぷっくりバック)
和装の時に持つのに良いかな?と作ってみました。
肩紐は肩にかけれる長さです。
表面にくるみボタンを付けて留めるようにしたので中身が見えにくくなっています。
表面にはタックを寄せてあるので、見た目より、たっぷり荷物が入ります。
側面や底のマチを6cm取ってるのでA3やA4のファイルなどもすっぽり入る大きさのバックになりました。
もちろんムーミンも楽々入ります(笑)
内袋はピンクの植物柄にしました。
内袋の両面にポケットを2個ずつ…計4つのポケットがあるバックです。
ほどいたバックは着物では無く羽織?だったので布地が少ない。
もう一つ小さめのバックを作ったら布地が終わってしまいます(*^・^*)

b_20140319113819833.jpg

b1.jpg


b2.jpg
2014.03.19 Wed l 手仕事 l コメント (0) l top
ほどいた和服生地のリメイク第一作目はスヌード(ネックウォーマー、首わっかマフラー)。

三首(首、手首、足首)を温めるとセーターを一枚着ているのと同じぐらい体温が上がるそうですよ。

血液の循環も良くなり、その結果として免疫力もアップします。

着物生地だと厚ぼったくないので冬は防寒で夏は冷房対策として、一年中使えますね。

ワンピースにもジーンズにもシンプルシャツにも似合いそうでしょう?

今日の縫い縫いは、これにて終了です。

着物生地のスヌード、いかがでしょうか!?

おほっ♪(〃⌒ー⌒〃)

1969302_613548315388726_1540341977_n.jpg
2014.03.16 Sun l 手仕事 l コメント (0) l top
ニョロニョロのクッション♪
癒されるわ。
私の枕はいつもヒナちゃんやレディーちゃんに取られてしまいます。
この長さが有れば私も枕を使えるでしょ?
ねっ((o(^∇^)o))

1236292_613904805353077_1972028954_n.jpg
2014.03.16 Sun l 未分類 l コメント (0) l top
モッツァレラチーズ、生ハム、トマトの組み合わせって王道よね。
野菜をモリモリ食べます。
シッカリ食べて今日も頑張るぞぉ~(〃⌒ー⌒〃)ゞ

1525309_613909565352601_156992411_n.jpg
2014.03.16 Sun l 一応は料理(笑) l コメント (0) l top
やれることをやれるうちに…と和服なんぞ引っ張り出してみました。

御所車のピンク生地の古典柄の和服。

私好みの和服です。

見てのとおり、この絵柄は若い人向けの絵柄(せいぜい20代後半~30代前半まででしょうね)になります。

オバさん世代の私には可愛らしい絵柄すぎて着用には無理があります。

でも、和服じゃないものに縫い直せば、私の年代でもまだまだ使えます。

なので、この和服はほどいて何かにリメイクします。

今日は糸くずまみれになる予定です。


ri.jpg
2014.03.14 Fri l 手仕事 l コメント (0) l top
また、やってしまいました。
くしゃみを我慢して目の毛細血管を切ってしまいました。
嗚呼~みっともない顔!

1511445_612492155494342_1923416488_n.jpg
2014.03.13 Thu l 未分類 l コメント (0) l top
久しぶりに私の本の発売が決定しました。
現在は本に仕上げる作業に入っています。
夏頃には美しく製本されて発売開始されます。
今回はクロスステッチ刺繍で物語を作ってみました。
読み進めていくと十二支の動物たちが登場してきますよ。
ちょびっとだけ試し読みを掲載しますね。
まずは試し読みをお楽しみいただいて、気に入っていただけましたらお買い求めくださいね。
この本は作者(私)からも直接お買い求め頂けます(*^・^*)
*****************************************************

え~と、えと(干支)の犬くん。
(クロスステッチ刺繍でつづる童話)
  作:中村千恵子

1sbn978-4-903847-53-5
税込 ¥1、000 
ご予約・ご注文はコチラまでお願い致します。
送料無料(メール便のみ)です。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

表紙kore


*****************************************************


                 (試し読み)


犬くん

あるところに(えと村)と呼ばれている小さな村がありました。

(えと村)は、お日さまがポカポカと輝いていて、色とりどりの花たちが競うように咲き、緑があふれる美しい村です。

(えと村)に暮らしているものたちは、みんな仲良しです。

そんな(えと村)には一匹の犬くんが住んでいました。

ある晴れた日、犬くんは朝から空を見上げていました。

やがて犬くんは「フッ」と大きなため息をつくと、ひとり言をつぶやきました。

「え~と、えと、まだかな? まだなのかなぁ~? そろそろだと思うんだけどなぁ~」

犬くんは、こうして朝からずぅーと草むらに座って、何かジッーと待っているのです。

いったい犬くんは何を待っているのでしょうか?




鳥
犬くんは、あっちに行ったりこっちに来たりしては、鼻をクンクンと鳴らし、しきりに空を見上げています。

「え~と、えと、東から来るのかな? それとも南から来るのかしら? もしかして西から? ううん、北から来るのかも?」

お日さまは空高くのぼり、いつの間にか犬くんの頭の上までやってきました。

もうすぐお昼です。

(えと村)の時計の音が「ボーンボーン」と鳴りました。

「え~と、えと、きっと、今日じゃないのかもしれないね。 明日なのかも? それともあさってかも?」

お腹がすいた犬くんは、待っていた何かをあきらめて、おうちにもどろうとした時です。

犬くんの後ろの方から「パタパタパタ」と小さな羽音がして、空から鳥さんが舞いおりてきました。

「こんにちは、犬くん。 おそくなっちゃってごめんなさい。 今日は風が強くて上手く飛べなかったの」

鳥さんはすまなそうに言うと、犬くんに1通の手紙を渡しました。

手紙を受け取った犬くんの顔は見る見るうちにバラ色に輝きだしました。

「わ~い、やったぁ~。 やっと手紙が届いたぞぉ~」

犬くんはしっぽをプルプルさせて喜びました。

「良かったわね、犬くん」

鳥さんはつばさを広げると風にのって、また空へと飛びたちました。

手紙を受け取った犬くんの心臓はドキドキと高鳴りました。

犬くんは、そぉ~っと手紙の封を開けてみました。

手紙にはキレイな文字で「もうすぐ…もうすぐですよ」と書かれていました。

「え~と、えと、もうすぐだって? こりゃ大変だぁ~!!」

手紙を読んだ犬くんは、前足で頭の毛をカリカリと毛づくろいをすると、あわてた様子で走り出しました。

「サヤサヤサヤ…。 犬くんに手紙が来たよ… 犬くんに手紙… 犬くんに手紙…が来た。 サヤサヤサヤ…」

(えと村)に、おしゃべりな風が吹き渡りました。

そうして、犬くんに手紙が届いたことはサヤサヤサヤと(えと村)にやさしく広まっていきました。



ねずみ
「え~と、えと、こぅしちゃいられない。 こりゃ大変だ。 急がなくちゃ」

犬くんは「タッタッタ」と走って(えと森)にやって来ました。

(えと森)では木の実をつみに来ていたねずみさんが犬くんを見つけて話しかけました。

「こんにちは、犬くん。 そんなにあわててどうしたの? チュウチュウ」

「あっ、ねずみさん、こんにちは。 え~と、えと、ボクね、こぅしちゃいられないの」

「何が、こぅしちゃいられないと言うの? チュウチュウ」

「え~と、えと、ボクね、大変なの」

「何が大変なの? チュウチュウ」

「あのね、え~と、えと、 もうすぐ…なんだ」

「何がもうすぐなの? チュウチュウ」

「え~と、えと、 もうすぐ…もうすぐなんだよ。 ボク、行かなくちゃ。 バイバイねずみさん」

犬くんがあまりにもあわてた様子なので、ねずみさんは「気をつけてね。 犬くん」と言いました。

「ねずみさん、ありがとう」

犬くんは、また走り出しました。

ねずみさんは木の実をつんで犬くんを見送りました。


***試し読みはここまでですが、物語はまだまだ続きます***
ご予約・ご注文はコチラまでお願い致します。
2014.03.12 Wed l 私の本 l コメント (0) l top
そう言えば私って今でも一人で着物の帯を結べるだろうか?

急に思い立って、和服を引っ張り出して一人で着付けを復習をしてみました。

とりあえずは一人で着物も着れるし、一人で帯も結べるけど

「着付けって…和服って…こんなに大変だっけ?」って言うのが素直な感想。

銀座結び(帯の結び方のネーミングよ)をするのにバランスが整わず30分もかかってしまいました。

怪しい姿にレディーちゃんもヒナちゃんも不安げ。

私の和服姿は中年太りしたせいもあり、貫禄がつきすぎてヤーさんちの姐さんみたいヽ(・∀・)ノ。

あまりの品のなさに、自分でもしばし凹みました。

さっ、馬鹿なことをしていないで夕食でも作りましょうか♪

10003331_611517802258444_346154959_n.jpg
2014.03.11 Tue l 未分類 l コメント (0) l top
本日で3月11日の東日本大震災から3年の月日が流れました。
喪われた数多くの命に祈りをささげ、生かされていることに深く感謝し、被災地の復興を願います。
2014.03.11 Tue l 未分類 l コメント (0) l top
昨日(3月9日)の日記をお休みしたのは午後から急激に体調を崩したためです。

突然、鼻水と鼻血が滴り落ちて止まらなくなり、直後に悪寒と頭痛、発熱でダウンとなりました。

両方の鼻にティッシュを詰め込んでいるので息が苦しい。

でもね、人間の体って面白いもので右の鼻からは鼻血だけが止めどなく出て鼻水は出ないのよ。

そして左の鼻からは鼻水だけが止めどなく出て鼻血は一滴も出ないの。

で鼻血が出てる右がわの瞼だけがピクピクと痙攣を起こしてるの。

人体って謎だらけで面白いよね。

そんなわけで昨日は早い時間からお利口さんに寝ていたので日記はお休みでした。

昨日は吐き気もして、ろくに食べてなかったので今夜はスープを作りました。

熱を早く治すように生姜も玉ねぎもたっぷり入れてあります。

葉ものは、はる菜です。

発熱を抑える為に胡麻油で炒めてからスープにしてありますよ。

今夜はWOWOWプライムで放映の映画、「きいろいゾウ」をみます。

向井理、宮崎あおいが主演だけど映画ファンからは低評価になった作品なので、それはそれで楽しみです。

明日には元気になれるかな?

10013059_611047572305467_1477280199_n.jpg
2014.03.10 Mon l 一応は料理(笑) l コメント (0) l top