1616BBS 無料レンタル掲示板 空の下 2014年01月
私のお気に入りアイス。
さつまいもの餡がしっとりしてて美味しいのです。
最近は、アイスと言えばこればかり買ってます。
でも、レディーちゃん(愛犬)とヒナちゃん(愛犬)と1つのアイスを分けあって食べるので私は少ししか食べられません(*^^*)

スポンサーサイト
2014.01.31 Fri l 未分類 l コメント (0) l top
現在、息子の事務所に缶詰中。
今日は看板屋さんに作業をしてもらってます。
看板屋さんのミスで看板を立ち掲げる金属金具の寸法が短いの。
でも、雰囲気を見るために取り合えず取り付けてもらう。
私はそれを横目に見ながらチマチマと作業をしています。
看板の調整は後ほどですね。

2014.01.31 Fri l 未分類 l コメント (0) l top
リケジョの小保方さん。
可愛いですね。
あの女性は私と同じ町(松戸市)なんですね。
彼女の研究所にはムーミンがイッパイ♪
ムーミンは今年で生誕100年です。
昨夜のテレビのムーミンはヘムレンさんがニョロニョロの気圧計を盗んじゃってニョロニョロが大騒ぎになる話を放送してました。
あのシーンは私も大好きなシーンです。
ニョロニョロ可愛いですよね(*^・^*)

1391124930584.jpg
2014.01.31 Fri l 未分類 l コメント (0) l top


★あらすじ★

小さな山あいの村にやって来たゾンビ映画の撮影隊。なぜだか手伝うことになった木こりの克彦(役所広司)は、プレッシャーに弱く使えない新人監督の幸一(小栗旬)にイライラする。しかし、幸一は克彦との交流で自分を取り戻していき、二人のいい関係がイマイチかみ合わなかった撮影現場にも不思議な影響を与え始め……。

★個人的感想★

この映画を観るのは4回目です。

私のお気に入りのシーン3つあります。

一つ目は克彦の妻の三回忌の前日のことです。

克彦は映画撮影のバタバタで、三回忌のことをスッカリ忘れていた。

それに対して克彦の息子は東京からブラリと帰り、自分と親父の礼服を用意していた。

チャランポランに生きているような息子でも、家族をシッカリと愛しているのですね。

二つ目は克彦の妻の3回忌の夜のこと。

仕事を辞めて家に戻ってきた克彦の一人息子に対して親戚の人が「これから、仕事はどうするんだ?
父親の仕事の手伝いをしろ。そうだそうだ、それが良い」と身勝手に騒いだ。

それを見ていた克彦が「本人の気持ちがあるでしょうが!」と親戚の人を一喝したシーンです。

それまでは仕事を辞めてきたことで、親子で取っ組み合いの喧嘩をしていたのですよ。

克彦は自分の息子と同じような歳の新人監督の幸一を見て(不器用でも一生懸命に生きているのだからそれで良い)と思ったのかもしれません。

どんなに道を外そうが、親子は親子。

結果として、克彦の息子は克彦と同じ木こりの仕事につく。

三つ目は同じ仕事をするようになった二人が天気予報を見て、黙々と朝ごはんを食べるシーン。

父と息子、男同士ゆえ衝突も多いけど、家族なんですね。

156826_1.jpg
2014.01.30 Thu l 2014年に見た映画 l コメント (0) l top


★あらすじ★

小さな鉄工所を経営する中年男の中村(堺雅人)は、5年前に木島(山田孝之)が起こしたひき逃げ事件で最愛の妻を失ってしまい、抜け殻のようになりながらも復讐(ふくしゅう)することだけを考えて日々を生きていた。
やがて、刑期を終えて出所した木島のもとに、復讐(ふくしゅう)を遂げる日までのカウントダウンを告げる差出人不明の脅迫状が届くようになる。
そして妻の命日の夜が訪れ、ついに中村と木島は対面を果たすが……。

★個人的感想★

愛する人を殺されたら、アナタならどんな行動に出るだろう?
犯人を殺す?
それとも犯人には死ぬまで苦しんでもらう?
世の中には色んなカップルがいる。
しかし、恋人や連れ合いから、愛されているどころか「早く死んでくれ!」と思われている場合も有るわけでして。
上手くいってるカップルばかりではないよね(><)
もしも、死んでもこんな風に愛されていたら嬉しいよね。

159672_1.jpg
2014.01.30 Thu l 2014年に見た映画 l コメント (0) l top
午後から天気が崩れる予報だったので買い物にも行かず、本日のランチはお好み焼きを作りました。
市販のお好み焼きは粉ばっかりで苦手ですが自分ちで作るお好み焼きはイッパイ野菜を入れられるので好き(*^^*)

2014.01.30 Thu l 一応は料理(笑) l コメント (0) l top
今夜は簡単に(カレーうどん)と(お漬物)と(焼き鳥)で夕食。

実は今夜のお薦めは(カレーうどん)でもなく(焼き鳥)でもなく(お漬物)なんです。

このお漬物はシンプルですがメチャクチャ美味しいです(自画自賛)…(笑)

切り昆布が大根やきゅうりに馴染んでとっても良い味を出しています(*^・^*)



1390991041840.jpg

1390989943817.jpg
2014.01.29 Wed l 一応は料理(笑) l コメント (0) l top
明日(1月30日)は私の一人目の孫娘の一才の誕生日です。
写真は私と真由(孫娘)とレディー(犬)ちゃんですね。
ヒナ(犬)ちゃんは、「キャーーキャー」と声を出す真由が怖くて部屋の隅でいじけていました。
これは真由が生後6ヶ月ぐらいのころの写真です。
1年はあっと言う間です。
孫娘たちはドンドン若木のように育って行き、私は老木のように枯れていく(笑)
さっ、今一度、渋花でも咲かせるように気合いでも入れましょうか♪ (*^^*)

2014.01.29 Wed l 未分類 l コメント (0) l top
「再生」
豆苗がそろそろ食べごろになります。
これは豆の上を切って一度食べて、そのまま水に浸しておいたものです。
すると、豆苗が伸びて再び食べれるのですよ(^.^)

2014.01.29 Wed l 未分類 l コメント (0) l top


★あらすじ★

1815年、ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、19年も刑務所にいたが仮釈放されることに。
老司教の銀食器を盗むが、司教の慈悲に触れ改心する。1823年、工場主として成功を収め市長になった彼は、以前自分の工場で働いていて、娘を養うため極貧生活を送るファンテーヌ(アン・ハサウェイ)と知り合い、幼い娘の面倒を見ると約束。
そんなある日、バルジャン逮捕の知らせを耳にした彼は、法廷で自分の正体を明かし再び追われることになってしまい……。

★個人的感想★

これはフランス革命があった頃の話ですね。

人の心の中には(善・悪)や(正・負)があります。

人間は・・・愛を知るために、この世に生を受け、愛を学ぶために命を繋ぎ生きるのでしょうね。

金銀財宝を手に入れることや地位や名誉を得ることより、信じれる愛の中に我が身を置くことを幸せと呼ぶのかもしれません。

何のために生きるのか?

どの愛を心の糧にするのか?

命を投じても良いぐらいに愛せる人が在る人間は強いです。

そんなことを思った映画でした゚+.・゚+。(〃・ω・〃)。+゚・.+゚

強く、深く、愛してください。

342984view002.jpg
2014.01.28 Tue l 2014年に見た映画 l コメント (0) l top
お店での出来事である。

私は昨日、息子の店舗の広告を作るために模造紙や画用紙、のり、テープなどの事務用品を大量に買った。

その中で異色なのは手袋。

レジうちをする若い男の店員さんは(23.24才?)手袋を見て「手袋のタグをお切りしましょうか?」と優しい笑顔で声をかけてきました。

きっと、若い店員さんは、寒いから買ったのだろうと思ったのでしょう。

私は寒いから買ったのではなく、広告作りに使用する手袋だったので「ありがとうございます。このままで大丈夫ですよ」と笑顔で答えた。

場面は変わり、本日の食料品売り場でのことです。

そのお店はレジはいくつかあるのだが、レジを待つ人は線の後ろに一列に並ばなくてはならない。

自分のレジの順番が来るとレジ係が手を挙げてくれるのでレジに移動して会計するシステムです。

すると高齢のオジサンが会計しているお客さんの後ろにピッタリと並んだ。

50過ぎのレジ係のオバサンはオジサンに向かって「順番ですから下がってください」と不機嫌にいった。

状況をのみ込めてないオジサンは「は?俺は次だよ」と言う。

レジ係のオバサン「後ろの線までさがってください」と不機嫌に言う。

オジサンは後ろを振り返り、線に気づくと線の後ろに立ち「ここ? ここでいいの?」とレジ係のオバサンに大きな声で聞いていた。

レジ係のオバサンはレジうちに夢中なのかオジサンの問いには返事もしない。

レジ係のオバサンのところにいた客の会計が終わり、あのオジサンの順番になった。

レジ係のオバサンは何事もなかったように「次の方どうぞ」と手をあげた。

あのオジサンは線のところで「俺か? 俺でいいのか? 俺か?」とレジ係のオバサンに何度も確認をする。

レジ係のオバサンはオウムのように「次の方どうぞ」と繰り返した。

オジサンの後ろに並んでいる人が「オジサンの番ですよ」と声をかけ、やっとオジサンはレジのところに行けた。

ん~~~~。

昨日、私を担当したあの若い男の店員さんのように優しい気配りが自然にできる人と、今日のレジうち係のオバサンのように大人になってもマニュアルどおりにしか対応できない人。

こういうことって、その人物の人間性が大きく出るのでしょうね。

私はあの若い男の店員さんのように、優しい気配りが出来る人間でありたいです(*^^*)
2014.01.27 Mon l 未分類 l コメント (0) l top
おはようございます。
冷えているけど晴れている朝です(*^^*)
新聞を見ていて、私にとっては新しい表現を見つけました。
「時分の花」...若さがもたらす一時的な芸の面白さ。
「真の花」...鍛錬の末の本当の面白さ。
なるほどねぇ~。
一発屋のお笑い芸人などは時分の花ってことね。
新しいことを覚えるって何か嬉しくなる(*^^*)
...表現者でありたいけど...
...欲望も夢も希望もあるけど...
...無理は禁物:焦りは命取りって言葉もあるのよね。
だから、今は「足るを知る」で生きてみます(*^^*)
2014.01.27 Mon l 未分類 l コメント (0) l top
本日(1月26日)で病院を退院した次男のお嫁さん。

お祝いにお赤飯を作りました。

次男に持たせたけどお赤飯を食べるときは(レンジでチン)するのをわかってるよね(^^?

冷めてるとかたいからね。

うちのお釜は小さいので炊き上がったときに豆を混ぜていたら豆がつぶれて見栄えの悪い赤飯になってしまったけど、こう言うのは気持ちだから、見栄えの悪さは笑って許して♪

今日からは、いよいよ夫婦で子育て開始ですね。

気張らずにママパパの時間をお楽しみください(*^^*)

2014.01.26 Sun l 一応は料理(笑) l コメント (0) l top
日曜日でも息子は病院に出勤なので、息子の店舗のシャッターに貼る広告を朝からチマチマと作る母(私)。
仕事が終わったらアーモンドチョコレートを買ってくるように!(*^^*)

2014.01.26 Sun l 未分類 l コメント (0) l top
トイレに設置する手洗い後に使うペーパータオル(手拭き)ホルダー。
素材の違いでこの値段の差。

2014.01.26 Sun l 未分類 l コメント (0) l top
壁掛け用(26センチ)のムーミン時計。
缶バッチが大きくなったような素材で出来ている時計です。
この図柄は定番ですね。
どこに掛けようかな?

2014.01.25 Sat l 未分類 l コメント (0) l top
2010年の映画…マザーウォーター

★あらすじ
京都で新生活を始めたセツコ(小林聡美)、タカコ(小泉今日子)、ハツミ(市川実日子)。彼女たちはウイスキーしか置かないバー、コーヒー店、そして豆腐店を営みながら、中古家具店のヤマノハ(加瀬亮)や銭湯で働くオトメ(光石研)やジン(永山絢斗)とかかわっていく。


★個人的感想

かつて(自分探し)なんて言葉が流行りましたね。

この映画を見るとそんなことを思い出します。

フッと思ったのですが、人間って何処に住もうが誰と暮らそうが、何歳になろうが「もっともっと、今日とは違う何かがあるかもしれない・もっともっと輝ける自分があるのかもしれない」と心の中では自分を持て余して生きているのかもしれませんね。

別の言い方をすれば、どんなに幸せでも、満足することが無いのが人間なのかもしれません。

私はこの映画は3、4回見ています。

もたいまさこ・・・どの映画で見ても、あの存在感は素晴らしいですね。

私が監督だったら絶対に起用したい女優さんです。

T0008749.jpg
2014.01.24 Fri l 2014年に見た映画 l コメント (0) l top
1月11日に駅前の(つるかめランド)が閉店して本日(アコレ)になって新装オープン。

ほんの二週間程度で様変わりしちゃうのよね。

スーパーマーケット業界も回転が早いよね。

「さかな、さかな、さかなー、さかなを食べると、あたま、あたま、あたま、あたまがよくなる」

私は品質の良い魚を仕入れてくれる(つるかめランド)が好きだったのだけどね。

ここのテナント料金は月に150万ぐらいなのかな?

さて、本日の特売品のアーモンドチョコレートでも買いに行こうかな♪

これは私が好きなアーモンドチョコレートですわ(^-^)

2014.01.24 Fri l 未分類 l コメント (0) l top
おはようございます。

目覚めると床暖をオンにしてファンヒーターをオンにするんだけど(エアコンは苦手なんです)、ヒナちゃんがファンヒーターにへばりついて離れてくれないので、暖かいのはヒナちゃんだけかも?

こんなに暖房を独占してても震えてるのですよ(笑)

女の子はワンちゃんでもやはり冷え性なんですね。

2014.01.24 Fri l ペット(アメリカンコッカースパニエル) l コメント (0) l top
★信田巻き★

夕食のおかずに5本の信田巻きを作ったのに気づいたら2本しかないの(ーー;)
我が家には食いしん坊な大きなネズミがいるらしい(笑)
この信田巻きの主な材料は(油揚げ・長ネギ・春菊・人参・ひき肉)です(^-^)
2本の信田巻きだけじゃ、おかずが足りないので何か作らなきゃね。

1390453271003.jpg

1390452771503.jpg
2014.01.23 Thu l 一応は料理(笑) l コメント (0) l top
中村次男家の3世代女たち。
ボーダーの服が私。
水玉の服が次男の奥さん。
そして生まれたてのbaby。
多分、きゃ~きゃ~五月蝿い女たちです(^^)(^^)(^^)

2014.01.23 Thu l 未分類 l コメント (0) l top
あらすじ:
さよ(伽奈)はタイ北部、チェンマイのゲストハウスで働く母(小林聡美)を訪ねる。4年前、祖母にさよを預けて旅立った母は小さなプールのある場所で、オーナーの菊子(もたいまさこ)や手伝いの市尾(加瀬亮)らと楽しそうに過ごしている。そこにはタイ人の少年(シッティチャイ・コンピラ)も同居しており……。

★個人的感想★

これは2009年の映画でしたが、評価が低く物凄く貶された映画でしたね。

私は小林聡美ともたいまさこのコンビの映画が好きなので何度か見ましたが、何度見ても…ん…。

何が言いたいのか、何を主題に置いてるのか? サッパリわからない映画でした。

貶されるのもわかる気がします(笑)

この映画を詐欺、ツリ映画!・・・と評する人もいますよね。

で、映画を見ると自分流の評価をしたい私は、この映画は【親子であっても恋人であっても夫婦であっても友であろうと、人の心を全てわかろうとするのは傲慢である】

そのような評価をつけました。

そして私はこの映画を見ると、決まって、あるママ友を思い出します。

そのママ友は自分の子どもがトラブルを起こした時、言ったんです。

「私はあの子のことなら、いつだって、何でもわかってるのよ。
嘘よ。
あの子がそんなことをするはずがない。
何かの間違いだわ」と。

ママ友は私にそう言って、サメザメと2時間も3時間も泣いきました。

何でもわかってる?

居るんですよね…こんな母親も(;´д`)

子どもは親のオモチャではありません。

親の夢や希望を叶えるのが我が子?

親の思い通りになるのが我が子?

親の操り人形になるのが我が子?

親の理想通りに生きるのが我が子?

ママ友には悪いけど「この人、馬鹿じゃなかろうか?」と思ってしまいました。

彼女は我が子を自分が1番大好きなオモチャにしていたのでしょう。

自分が産んだとしても子どもは自分とは別の人間です。

大きくなれば自我も芽生え、個性も育ち、その子なりの人生を歩きだします。

そのママ友の末路…自慢の大好きな我が子に疎まれ毛嫌いされて、子どもは親の住む家から出ていきました。

子どもに連絡しても疎まれて、冷たくあしらわれるそうです。

今では、ママ友の子どもは親(ママ友)の家には寄り付きもしません。

子どもを作れば子どもを育てるのは親の義務です。

健やかに育てる努力をするのも親の責任です。

しかし・・・。

親は親の人生があります~。

子どもには子どもの人生があります~。

子どもは親の所有人ではありません。

それを忘れてはダメですね。

129d84aa-s.jpg
2014.01.23 Thu l 2014年に見た映画 l コメント (0) l top
産まれました。
3040グラムの女の子です。
母子ともに健康。
しばし、寝ます♪


皆様へ。


今朝方、私の次男夫婦に第1子目の赤ちゃんが誕生しました。

新米パパと新米ママと私の3人で分娩室に入り生命誕生の神秘を体感してきました。

この写真は生まれたてのホヤホヤ、出産後に軽く拭いただけの赤ちゃんなので体液も血液もあちこちについています。

1536516_586685911408300_939800423_n.jpg


2枚目の写真は、沐浴してもらったあとの写真です。

新米パパと新米ママに半分ずつ似ているようです。

(私にもチョビっと似てる?笑)

私にとっては二人目の孫です。

今後とも宜しくお願いしますm(__)m


1527013_481805938607345_1188029734_n.jpg
2014.01.22 Wed l 未分類 l コメント (0) l top
次男の奥さんに陣痛が来ました。
すでに入院しました。
今夜には産まれるかな?
頑張れ、がんばれ(^^)v

2014.01.21 Tue l 未分類 l コメント (0) l top
老人の孤独死。

娘や息子がいても他人以上に冷たい関係の親子が増えているそうだ。

親が寝込もうが倒れようが死のうが財産放棄で関わろうとはしない。

どうしてそんな風になっちゃうのかな?

親子でも、夫婦でも憎しみだけを遺してこの世を去るって、哀しすぎるね。

(これからの世の中は、孤独死も1つの選択肢かもしれません)

これは、孤独死の片付けに携わる業者さんの言葉。

年老いて、誰かに迷惑をかけてまで生きたいとは思わないけど何か、ため息がでちゃうな。
2014.01.20 Mon l 未分類 l コメント (0) l top
仙台へ行っていた息子がお土産に牛タンを買ってきてくれた\(^-^)/

肉厚で大きい。

焼き肉だけでは食べきれないので半分はタンシチューにしましょう。

(*^^*)オホッ♪

2014.01.20 Mon l 一応は料理(笑) l コメント (0) l top
息子の新店舗を新規改装中。
本日はグリーン、ブルー、レッドのカーペットを敷き詰めています(^^)v

2014.01.20 Mon l 未分類 l コメント (0) l top
義理の母が亡くなり7年になる。

義母には娘がいて、嫁もいる。

その中で私は1番年下の嫁である。

私は義理の娘になってからは、毎年、義母に似合いそうな服を選んでは、義母の誕生日、母の日、敬老の日にはプレゼントを欠かさず贈った。

義母はそれを「近所の姑たちに羨ましがられてね。 私は鼻が高いわ」と喜んでくれた。

季節の折々には、子どもの成長記録と近況を書き、子どもたちの写真を添えて義母に手紙を送った。

FAXもインターネットもデジカメもメールも、まだそれほど、一般家庭には普及してないころの話です。

いつしか義母は「もうそろそろ、手紙が届く頃かと思っていたよ」と心待ちにしてくれるようになった。

ある日のこと、義母が私にコッソリと言ったことがある。

「内緒じゃけんね…私には娘も嫁もおるけど、あんたが1番可愛か。 あんたは優しか娘ね。 私の1番可愛か子どもね」

そんなこと、あろうはずもないのに!!

私には息子がいて、私もいつしか姑と言われる立場になった。

義母が私に言ってくれた言葉を思い出すたび、義母はどれほど賢い姑で、賢い女性だったかと、痛いほど思い忍ばされる。

義母はこの世にはもういない…

しかし今もなお義母から学ぶことは多い。

私は、あのような賢い女性になれるだろうか?
2014.01.20 Mon l 未分類 l コメント (0) l top
大好きなニョロニョロを発見♪
マシュコットだって。
ニュージーランドではマスコットをマシュコットと発音するのかな?
そんなことが気になり買うのを忘れました(笑)

2014.01.19 Sun l 未分類 l コメント (0) l top
志村どう○○園(TV番組)で保護されたワンちゃんをドッグランに連れ出したシーンが流れていた。

「わからないかな?ワンちゃんはまだまだ、その段階じゃないよ」

怯えてるじゃないの。

不安でイッパイの顔をしてるじゃないの。

シッポをまいてるじゃないの。

ゲージに入れられること、リードを付けられること、外に連れ出すこと、まだまだ無理なのに(>_<)

ワンちゃんにだって心があるんだよ。

ワンちゃんだって傷つくんだよ。

怖くて不安でイッパイなのに。

無理強いをしないで欲しいわ(T-T)

本当に愛情があるなら、ワンちゃんが自ら動き出すまで待ってあげてください。

時間をかけてあげてください。

それ以上、ワンちゃんに負担をかけないで(ToT)

お願いします。
2014.01.18 Sat l 未分類 l コメント (0) l top