1616BBS 無料レンタル掲示板 空の下 2011年12月
本日は【第53回輝く!日本レコード大賞】が放送されます。

この番組はTBSテレビ系列で放送されているのですね。

私、今日まで日本テレビ系列で放送されていると思っていました。

多分、日本レコード大賞で、、、日テレにリンクしてしまったのだと思います。

こんな思い込みってありますよね。

童謡の(赤いくつ)などもそう。

異人さんに連れられて行っちゃった。

私の頭の中では(いい爺さん)→(偉人さん)→(異人さん)と成長していって、、、特異な育ち方を私は(いい爺さん)にさらわれたいと願い、さらってくれた爺さんが偉人であることに憧れさえ抱いて幼少期を過ごしたのだ。

そして少女になった私は(いい爺さん)でも(偉人さん)でもなく(異人さん)だったことに気づき横浜の波止場では少女拉致が行われている、、 、と思い込み横浜=マフィアがたむろする怪しげな街になった(笑)

多感な少女期に私の 脳ミソにはそのように刷り込まれてしまったので、私は未だに横浜の街は得意ではない(^O^)←単純お馬鹿。

横浜に行っても用事が済めばサッサと切り上げたいし、横浜ですれ違う異人はマフィアに見えて、ざわざわする。

横浜中華街も私にはなんの魅力も見出だせない。

横浜港の船を見ると拉致船に見えてしまうほどだ(笑)

そして同時に【ひとふさのぶどう】本です。を思い出して、いたたまれない気持ちになってくるのです。

勘違いや思い込みって、日常生活に影響したりするのです。
スポンサーサイト
2011.12.30 Fri l 日記 l コメント (2) l top
本日「夢の紅白2011」が放送される。

が、これって年末に放送されてる「紅白歌合戦」のことなの? それとも紅白歌合戦とは別物の歌番組なの?

私には区別がつかない。

我が家は今年も大晦日まで通常どおりの仕事です。

嗚呼~身体が鉛のようにダルくて参ったわ。

あっ、それから皆さまにお知らせがあります。

年賀状ですが今回は誰にも出しませんのでご了承ください。

3・11の被災地で大切な人を災害で亡くし、家族も私も被曝し続けているのに、何がめでたいものか!

日々を生きつなぐだけで精一杯で、おめでとうも無いですからね。

災害格差の年末年始。

暖簾に腕押しのわが国家と政府。

何を騒いでも頑張っても反応なしのわが国家と政府。

呆れてしまって私には怒る元気も残ってはいません。
2011.12.29 Thu l 日記 l コメント (0) l top
三味線の3曲目の練習曲が決まりました。

練習曲のメロディーを覚えようとパソコンで検索していたら懐かしい曲を見つけました。

【白虎隊】です。

この曲は戊辰戦争で戦った15、16才の少年たちのことを歌っている曲です。

少年たちは敵が放った会津鶴ヶ城への火を見て落城してしまったと思い自らの首を斬ったり腹を引き裂いたりして自殺していくのです。

今の時代に当てはめたら中高校生の少年たちですよ。

城を守れなかったことを恥じて、、、

両親や身内が周りから非難批判されることを避けるために果たせなかった任務の責任をとって死んでいくのです。

少年が国や愛する人を守るために戦って、愛する人を守るために死んでいく。

白虎隊は事実を歌にした曲なんです。

福島県では未だに歌い継がれたり踊り継がれています。

私も学校で踊ったものです。

たまたま、その白虎隊の歌と踊りを見つけてしまい、久し振りに歌を聴いて、剣舞を見て泣いてしまったのです。

想像してみてください。

あなたの15、16才の息子が、あなたの兄や弟が、あなたの甥や孫が、

あなたが愛する少年があなたを守るために戦って死んでいくのです。

細い肩の髭も生え揃わない、いたいけな少年があなたを守るために死んでいく。

この悲しみはけして繰り返してはなりません。 

どんな理由があれど、戦争に良い戦争も悪い戦争も有りません。 

戦争は悲しみしか生みません。

だけど、あの白虎隊の少年たちがいてくれたから

戦争で戦ってくれた人がいるから、私たちの命がつながり私たちは生きていられるのです。

それも、けして忘れてはいけないことですね。

この歌、昭和12年の歌だそうです。

小さいころから白虎隊を聞いて育った私は、この歌は詩吟まで歌えます(シブイでしょ)

白虎隊

ですが、この歌は私の3曲目の練習曲ではありません^^
2011.12.28 Wed l 日記 l コメント (0) l top

我が家の亀吉くんが数日ぶりに私のもとにやって来ました。
この亀吉くんは道路を横断していて車に轢かれそうになっていたのを拾われた亀なんです。

息子が小学生の頃に拾ってきた亀です。

亀に亀吉くんと名前をつけて、亀の餌を食べていたのは1ヶ月ぐらいかな?

その後はボスくんたちのドックフードを食べて育ちました。

今年で14才の亀吉くんです。

この亀吉くん、冬眠をしないのですが、この冬は生まれて初めて冬眠らしきことをしました。

ボスくんたちのドックベッドの下に潜りこんで数日も出て来なかったのです。

なのでボスくんたちは数日もベッドを使えなかったの。

犬と亀、別物の生命体ですが、家族として認識しているのです。

ボスくんたちは時々ベッドを鼻で持ち上げて亀吉くんを確認していたのです。

老いて変化していくこと、、、、魂で感じているのでしょう。

その時々で精一杯に生きている。

それで良いのだと思います。

今日はボスくんたちと亀吉くんが並んでご飯を食べていました(*^_^*)
2011.12.27 Tue l 日記 l コメント (0) l top
映画監督の森田芳光さんが亡くなりましたね。

彼の代表作でもある【家族ゲーム】を観ました。

この映画は松田優作が主演です。

彼の役どころは家庭教師。

彼が雇われてやってきたのは団地住まいの一家。

世の中は(金属バット両親殺人事件)が縦続けに起こっていたころです。

家事や子育てを母親に任せっきりの父親、

有名高校に入った長男が自慢の母親、

高校生になり引きこもりになった長男、

そしてこの映画のもう一人の主役の成績が悪くいじめられっ子の中学3年生の次男。

映画はそれぞれの人間に淡々と焦点を合わしながら進行して行きます。

出来の悪い次男が有名高校に合格し、祝いの食事会をします。

食事会は横一列のテーブルで。

ラストには家庭教師をしている男がテーブルをひっくり返してこの映画が終ります。

映画のタイトルは(家族ゲーム)

うまいな!と思います。

この家族は家族でありながら皆、自分のことしか考えていません。

自分の欲望が満たされればそれで良い人間が家族なんですね。

家庭教師がテーブルをひっくり返したのは自分勝手な人々が(家族ごっこ)をしてるのが馬鹿らしく思え、

自分もまた自分本位な生き方しかしていない事実に、

その空虚な生き方に苛立ちを覚えたからじゃないかな?

世の中がブランド志向で、いかにしてその場に自分も居れるかが重要な時代。

自己顕示欲が満たされれば良かった時代。

他人より優勢に居れればそれで良かった時代。

仲良しごっこの家族で…猫をかぶって家族をしている人々。

あの時代、(金属バット両親殺人事件)や(親殺し殺人事件)が起きると

「成績優秀で、人当たりも良い、お子さんでしたよ。両親も良い会社で働く立派な人で近所でも評判の良い一家でした。悩みやトラブルなど聞いたこともない一家でしたよ。まさか、あんな事件を起こすとは信じられません」

ハンで押したようなコメントが寄せられたものです。

【家族ゲーム】は、きっと薄っぺらな時代を笑った諷刺作品なのだと思います。
2011.12.26 Mon l 日記 l コメント (0) l top
メリークリスマス♪

皆さまはどんなクリスマスをお過ごしでしょうか。

愛する人と過ごしているのかな?

私はいつもと変わらない日です(笑)

どうぞ、素敵なクリスマスをお過ごしください。

クリスマスメドレー
2011.12.25 Sun l 未分類 l コメント (0) l top


【1日一個のリンゴで医者いらず】と言われますね♪

リンゴをいただいたので焼きリンゴを作りました。

1リンゴは綺麗に洗って蓋にする部分に切り分けリンゴの芯をくりぬきます。
具を入れるので底までくりぬかないでください。

2リンゴをくりぬいた部分に干しレーズン、シナモン、砂糖、バターを詰め込みます。

3容器にリンゴを入れレンジで加熱していきます。
リンゴから汁がグツグツ出るまで加熱するとリンゴがふわふわになった証拠ですので、目安にしてください。

4リンゴを一つずつ容器に移し、蓋リンゴを乗せたら汁を全体に回しかけ200℃のオーブンでリンゴに焦げ目がつくまで焼き上げます。
オーブンがないお宅でしたらオーブントースターで焦げ目がつくまで焼き上げてくださいね。これで完成です。

焼きリンゴは熱々も美味しいですが冷たく冷やしても美味しいです。

皿に残ったリンゴの汁は醤油を加えて焼いた肉のソースに利用してみてね。

リンゴを食べて風邪知らずでお過ごしくださいね(*^_^*)
2011.12.24 Sat l 日記 l コメント (0) l top
(家政婦のミタ)が物凄い視聴率をとったそうですね。

残念ながら私は一度もこのドラマを見てはいませんでした。

私、ブームに乗るタイプじゃないのです。

今朝のテレビは、このドラマの視聴率が話題になっていて、一度もドラマを見ていなかった私でもストーリーがわかりました。

すぐにブルーレイやDVDにもなるそうですね。

日本人って流行りものが大好きですよね。

ブームに乗ってる人が優位でブームに乗らない人を下に見る傾向もあるようです。

島国だからでしょうか?

だけど時代の最先端を行ってるつもりの日本人が世界の笑われものになっていると言う事実を知っているでしょうか?

ブランド好き しかり、ファッション しかりです。

世界では良いものは、好きなものは、何年たとうが、良いものであり好きなものであるのです。

日本人はブームや流行り好きなので、どんなに良いブランドや好きなファッションやブームでも一年も時がたてば形落ちしたと言い、見向きもされず価値も無くなります。

下手すると馬鹿にされる対象になったりします。

なんか、凄く薄っぺらですよね。

嘘だと思ったら試してみてください。

例えば、今、ブームになっているミタ語。

「承知いたしました」

一年後も得意げに使っていたら笑われますから(^O^)

私がブームに乗らず常にマイペースで自分の好き嫌いをマイペースで通しているのは、クダラナイ風潮に振り回されたくないからなんです。

それに好き嫌いがコロコロ変わる人って・・・苦手なんです。

こんな私はきっと「ふるっ」とか「ダサっ」とか言われるのでしょうね(*^_^*)
2011.12.23 Fri l 日記 l コメント (0) l top
朝イチで検査の結果を聞きに行ってきました。

う~ん、微妙なお年頃ですからね、結果はまずまず(良し)としておきましょう(*^_^*)

今年のことは今年のうちにスッキリ片付けてしまいましょうね。

ワタクシも大嫌いな今年の役員の仕事は無事に終わらせました(これが今年最大の私がイヤなことだったんです)

役員のお仕事は来年の夏まで(夏に引き継ぎ)なのですが、滞りなく今年の分が終わりホッとしています。

肩の荷が少し下りてワ~イワ~イ\(^o^)/です。

身体もまずまずだし、自分の役割もちゃんとこなしてるし、後はサンタさんからダラダラノンビリのお休みをもらえたらgoodなんですけどね。

寒さがいよいよ厳しくなってきました。

皆様、お風邪など召しませぬよう~暖かくしてお過ごしくださいませ(*^_^*)
2011.12.22 Thu l 日記 l コメント (0) l top
今年も残り10日で終わります。

皆様は年頭に掲げた目標は達成できたでしょうか?

私、個人としては私なりに全力で努力し続けた一年でした。

ただ結果が伴わなかったので他人から見たら何の成長もない一年に思われるかもしれませんね。

確かに目に見える結果を残せなかったけど、

私は、その時々で、精一杯の努力をしてチャレンジした日々を送って来た。

自分に恥ずかしくない生き方をしてきた、と言う自負があるので、

残念ではあるけど自分に恥ずかしいとは思わないのです。

だからね、それで良いの^^

要するに敗北ばかりだったけど無駄は無かったってことねっ。

それに、私の努力は少なくとも、私の新たな血や肉になってくれているでしょうからね。


ジャジャジャーン・・・♪ 

ワタクシ今年はやっと三味線を習い始めました。

三味線を習いたいと思い始めて、はや数年。

あちこちの三味線の先生を調べ、一人の先生に絞り込み、

それから一年以上も静観し、悩み迷い、

やっと勇気を振り絞って三味線の世界に首を突っ込んでみました。

私、ヘタレなので新たな世界に足を踏み入れるのは、本当に勇気が要ることだったのです。

ワタクシ、三味線は、老後の楽しみにしたいの。

例えば、縁側で知り合いのおじいちゃん、おばあちゃんに好きな歌を弾いてあげたい。

人って誰もが忘れられない歌ってあるじゃないですか?

その歌を聞くと一瞬でも悲しみを忘れることが出来たり、勇気がわいたり・・・心が元気になれたり・・・ねっ。

私は人間が不器用だから、人と向き合うときの態度も恐らくオカシイです。

何かの力になってあげたいと思っても、おバカだからトンチンカンな態度になってしまうと思うのです。

だから三味線を弾いてあげることで大切な人に寄り添っていきたいの。

晩年など、どれだけ自分が大切な人を愛せるか! 

どれだけ自分が大切な人と寄り添えるか!

…だと思いませんか?

愛は人生を豊かに心穏やかに…美しく彩ってくれますもの。

ただいま二曲目を練習中です。

上手になったら大切な人に弾いてあげるんだぁ~。

そして、お日さまの下でお団子でも一緒に食べましょう♪ ウヘヘ♪(*^_^*)
2011.12.21 Wed l 日記 l コメント (0) l top

一杯19円でおうちカフェ。

私が買ったのは抹茶カプチーノです。

これでこの冬は抹茶系の飲み物は買わずに済みそうです。

抹茶は昔から大好きなんです。

お茶会でいただく抹茶はほんのちょっぴりで、味わう前に無くなっている。

私はどんぶりで飲みたいぐらいです(笑)

今回は80袋を購入しました。

ちょっとご機嫌なワタクシです(^_^)v
2011.12.20 Tue l 日記 l コメント (0) l top
小さな庭の手入れをした。

キンモクセイ・ギンモクセイを引っこ抜き、キンカンとミモザを引っこ抜き日差しを考慮して植え替えた。

私の誕生日花であるギョウリュウバイは何故か2つだけが枯れて根付かなかったけど同じ場所に植えたギョウリュウバイはシッカリと根付いているので枯れたギョウリュウバイは土と相性が悪かったのかな?

ランタナと薔薇の花が終わったようなので剪定をして庭の手入れは終わったのですが。

気づけは私の手と腕は傷だらけでアチラコチラから血が滲んでいた。

我が家の植木ってよく見てみたら刺々しいものばかりだったわ。

私って普段はトロトロしてますが何事も短期集中型なんです。

だから取り掛かるとダーッとノンストップで一気にやってしまう。

怪我をしようが血が出ようが気にせずにダァーです。

次の日はワタクシは病院の日で、傷だらけのまま病院へと行った。

血液検査で血を抜くために腕まくりをしたら傷だらけの腕にギョッとされてしまいました。

なんかワタクシ、傷だらけで危ない人に思われたかも(^O^)
2011.12.19 Mon l 日記 l コメント (0) l top


買い物をしていてムーミンのクッキーを見つけました。

皆さんはムーミンの登場人物の全員を言えますか?

そして誰が好きなのでしょうね(^O^)

私はニョロニョロ(立ってるミミズみたいな)が好きです。

ムーミンの物語の中で月の光の中でニョロニョロが大勢集まり踊るシーンがあります。

ニョロニョロは言葉を持っていません(ニョロニョロ同士の言葉はあるかも)。

だけど、気配や、そこの空気感で相手とのコミュニケーションを取れるのです。

何かの気配でみんなで集まり踊り何かの気配で一斉にサーと去っていく。

それが私には神秘的に思えて好きなんです。

だって人間でも、そうじゃないですか?

例えば私が悲しんでいたとして、、、私はその悲しみを隠して過ごしていたとする。

そんなとき、私と言葉を交わさずとも、私の雰囲気や気配で私の悲しみを案じてくれる人がいたとしたら、嬉しいでしょう?

言葉なくとも芯の部分で繋がっていたり、わかりあえていたら凄く嬉しい。

ニョロニョロ・・・私には、そのような存在に見えて・・・。

確かに言葉や態度に出す優しさや気配りや思い遣りは素晴らしいですが、私は静かに胸に秘めた優しさや気配りや思い遣りを持っていて、さりげなく寄り添ってくれる、そんな行動にメチャメチャ弱いのです。

眼差し一つでワカリアエル関係・・・ねっ(*^_^*)

写真の中では上の段のムーミンママと家の間にいるのがニョロニョロです。

可愛いでしょう。

私、好きですo(^-^)o
2011.12.18 Sun l 日記 l コメント (0) l top
048bb46c.jpg
借りぐらしのアリエッティを見ました。

あらすじ
14歳の小人の少女・アリエッティは、人間に見られてはいけないという掟の下、郊外にある古い屋敷の床下で、人間の生活品を借りながら、両親と密かに慎ましく暮らしていた。そんなある日、その屋敷に引越してきた病を患った少年・翔に自分の姿を見られてしまい、アリエッティは外の世界で暮らすことを余儀なくされる。

私にしては珍しく映画館では見なかった映画です。
(前評判が良くないので見なかったのです)
皆さんからの感想を読んでみても散々な感想が寄せられていますね。

何処で感動すれば良いのかわからないし、作者が何を伝えたかったのかもわからない。
お母さんが捕まり助かった時点で感動すれば良いのでしょうか?
助けてくれた翔に感謝をしなさいと言う教訓でしょうか?
借りぐらし(泥棒)は出て行け、絶滅種は生き延びろと言う場面に思いを馳せれば良いのでしょうか?

これだったら、コロボックルシリーズを映画化にして欲しいです^^



2011.12.17 Sat l 未分類 l コメント (0) l top
近所の公園では数人のオジサンが、子どもたちが遊ぶ砂場の砂の入れ換えをしている。

3月の原発事故があり、あれ以来ブルーシートをかけて遊べないようにしていた砂場の砂です。

あの砂場はブルーシートの上では未だに0,5超えの放射線量があり、私もワンコ達を立ち入れせないようにしている砂場です。

砂の入れ替えをしているオジサンはマスクもせずに作業しているけど大丈夫かな?

3月の原発事故から9ヶ月が経ち、今ではこの辺りではマスクをしている人もほとんど見かけない。

それだけ、危機感が無い…危機感が薄れたってことです。
(人間の感覚は慣れれば麻痺していきます)

でもさ、この辺り…
本当は今すぐにでも避難しなきゃならないほど、放射線量は高いのよね。

我が市の住人も家族や夫婦がバラバラになって、被曝から逃れるために避難してる人がゴロゴロいる。

避難した人は一定に同じような動きを取っているのが見て取れます。

1ヶ月をメドに行ったり来たりして身の置き場を変えている感じなのだ。

避難生活だって、殆どが避難期限が切られているのだから…気休め程度にしか利用できない。

もちろん、永住できるところがあるが、受け入れ基準が厳しかったり受け入れ対象にならなかったりして、
しかも本当に受け入れ枠が少なくて、実質的には無いに等しい。

行ったり、来たり、正式に戻ったりする理由はさまざま。

子どもの命を守るために母と子だけが取りあえず避難したが、結局は親や連れ合い、親せきになじられて戻ったりするのが多いかな。

「避難したくてもできない人ばかりなのに、避難できる人は良いわよね。 私たちを捨てて避難すれば良いでしょう」

「ご先祖様から頂いたこの土地を俺の代で離れられるか?」

…こんなことを言われるんだから堪らない。

あの原発事故後、離婚をした人も多い。

家族・夫婦・親戚・友人と言えども放射能被曝に対して考え方の温度差はある。

日々、放射線量や作物の産地を気にして行動してる妻と「気にしすぎ。お前は神経質すぎる」と話も聞いてくれない夫なら、夫婦だって亀裂が生まれて当然だ。

震災でせっかく助かった命も、このようにして意見の食い違いで喧嘩別れしたり、亀裂が入ったり、別れたり、、、自殺に追い込まれたり。

何か、切ない。

公園の砂の入換えをしているオジサンだって、あの作業をしながら内部被曝し続けているのだ。

こんなことを他人ごとのように呑気に言ってる私も内部被曝しているのは捻じ曲げられない事実でもある。

…そう思うとやっぱり、切ない…
2011.12.16 Fri l 未分類 l コメント (0) l top

ニョキニョキと伸びてきました。

枯れることなく、どうにか順調に育っています。

サヤはまだ見当たらないけど、これからなのかな?

今日は冷たい雨。

寒さに負けずに育ってくれますように♪
2011.12.14 Wed l 日記 l コメント (0) l top
通りを歩いていたらクリスマスモードが色濃くなってきていることに気づきました。

若者たちは彼女彼氏へのクリスマスプレゼント選びで華やいでいますね。

プレゼントらしき物を抱えて歩く町行く人々の嬉しそうな様子をみているとコチラの心もホッコリしてきます。

私へのプレゼントは365日、いつでも受け付けているのですが(笑)届きそうに無いので、可愛いピンクのエプロンでも新調しようかな?

私、ピンクのものを身につけていると、それだけでご機嫌だったりするんです。

きっと人間が単純なのでしょうね(^O^)
2011.12.13 Tue l 日記 l コメント (0) l top
今年の一文字…「絆」に決定されました。
この言葉、震災が起きて頻繁に使われ出した言葉でしたね。
ワタクシ個人の意見を述べさせていただくと「絆」って言葉…食傷気味です。
空々しいと言った方が良いかも?

3・11の度の震災は自分のことであって他人事ではありませんでした。
電話回線がぶっ飛び、連絡がつかなかったとき、私の安否を心配してくださった人が諸々おりましたが。。。
不思議なもので、あのような時こそ、
自分を見ていてくれる(思ってくれている)レベルがハッキリと捉えることが出来ます。

色んな言葉をかけてもらいましたよ。
かけていただける言葉も 

「心配してるよ」「何でも言って。何でも頼って」…大体この二通りに分かれるでしょうけど

同じ言葉でも、不思議とわかっちゃうんですよね。 
言葉の本気度がわかり、所詮は他人事であったと言う本心が見えてしまいました。


絆かぁ…イタイわ。

「放射能を流し続ける(オウム信者のような福島県民)」

「汚染米や汚染食物を日本全国に拡散させる(食テロ福島県民)」

「汚染瓦礫を全国にばら撒き日本国を被曝させようとしている(大量殺人者、福島県民)」

「復興支援を呼びかけ(健康な人を殺そうとする福島県民)」

そのように言って「福島県を廃県にしろ」とまで言う過激な人がたくさんいるのに笑わせないでって感じです。


誤解してもらっては困ります。
放射能を流したのも、汚染食材があるのも、福島県民が悪いわけじゃありません。
安全報道に騙され続け、被害を受け続けてるのは福島県民も同じなのです。

食い止めようとしない東電と政府が悪いのです。 
補償に踏み切らない東電と政府が悪いのです。

誰もが不安で不信感だらけになり、国民が国民(福島県民)を苛めてるのに【絆】だってさ。
うすら寒くて鳥肌が立ちます。
メディア・記事・新聞・雑誌・印刷・政治家・報道・マスコミ・諸々の会社・・・これも利権が絡んで選ばれた文字でしょう。

空々しいです。 
心が風邪をひきそうです。

 

2011.12.12 Mon l 未分類 l コメント (0) l top
今日で東日本大震災から9ヶ月です。

東日本大震災は過ぎ去ったことではありません。

今もなお被害は拡がり続けています。

明日はアナタがいる場所が被災地となり、アナタが被災者になってるかもしれません。

この東日本大震災は他人ごとではありません。

風化させることなく、自分を律して危機感を持ちましょう。

自虐的・無気力・不安定になるお子様も多いと思います。

「何故、生まれきたの?」「何故、生きていなきゃならないの?」と問われたら答えてあげてください。

「誰かと愛し合うため。愛する人に出会うために生まれてきたのよ」

「愛される喜び、愛せる喜びを知るために生きているのよ」

心を抱きしめて伝えてあげてください(*^_^*)
2011.12.11 Sun l 日記 l コメント (0) l top

今日は関東でも山間部では銀世界になったところもあるとか。

こんな日は風邪をひきやすいですので要注意ですね。

この忙しい師走に風邪で寝込んだらシャレにもならない。

・・・と言うわけで我が家では風邪防止に今夜は(ネギマ鍋)にしました。

今夜のネギマ鍋の材料【たっぷりのネギ、たっぷりのマグロ切り身、たっぷりのマグロ団子、白菜、シメジ、油揚げ】を豆乳、白だしで煮込みます。

マグロ団子はマグロをすり身にして生姜などを加えて団子にしたものです。

豆乳、油揚げは良質のたんぱく質です。

ネギの辛み成分は風邪防止になりますしシメジ(きのこ類)は体調を整えますのでたっぷりと食べてくださいね♪


2011.12.10 Sat l 日記 l コメント (0) l top
京都に行った際に吉兆の横を通った。

入らないけど…。

横を通った際にあの囁き女将を思い出したわ。

「美味しいですよ。食べてってください」と耳元で囁かれたら、どうしましょうね(^ω^)
2011.12.09 Fri l 未分類 l コメント (0) l top






京都にて、何をしていたかと言うと、家族旅行でした。

こんな世の中だから、一年に一回ぐらいきちんと家族としての歴史を刻んで行こうねと♪

しかし我が家族は皆、成人しているので、それぞれに働いており

休日出勤の人ばかりで、お互いの休みを調整するのが至難の技なのであります。

やっと皆の休みが合ったのが今回だったってわけ。

日程も短く宿も新幹線のチケットの手配もビチビチキツキツ。

今年は新たな家族が増えました。

新家族はチビくんのお嫁さん。

私に初の娘が出来ました。

チビくんたちは既に婚姻届けを提出しており、法的にも夫婦ですが結婚式は来年の3月に挙げます。

続いて来年の7月にはデカくんの婚姻と結婚式が既に決まっており、

その際に今度は新たにデカくんのお嫁さんを交えて家族旅行をします。

私たちは家族になった順番に並び、影法師で家族の歴史を刻み、残していくのです。

この影法師の写真は…我が家の歴史になっていきます。

息子たちに子どもが生まれるたびに、影法師の写真に小さな可愛い影法師も増えることでしょう。

これが我が家の家族の流儀。

息子の携帯電話の待ち受けは去年の家族四人の影法師の写真になっています。

もうすぐ、私の子どもたちの携帯電話の待ち受け画面は

五人家族の影法師写真と入れ替わることでしょう(*^_^*)

【愛は出し惜しまず。家族仲良く。みんな仲良く。今日もよしなに。明日もよしなに。ずっとよしなに】

私が子どもたちに教えて続けてる家訓ですo(^-^)o
2011.12.08 Thu l 日記 l コメント (0) l top

現在、新幹線の中です。

千葉の自宅には12時ごろには着くかな?

明日からまた5時起きの生活に戻るので今の内に寝ていよう。

2011.12.07 Wed l 日記 l コメント (0) l top


東京を出てから二時間が過ぎました。

未だに新幹線の中です。

しばし(^O^)/~~ see you !
2011.12.06 Tue l 日記 l コメント (0) l top




私は動物好きだか、どうしても好きになれない動物がいる。

蛇とネズミです。

蛇は動きが怖いしネズミの細長いシッポも動きが怖いのです。

「あの動きで絡まれたら逃げれそうもない」と思えて想像しただけで気を失いそうになります。

私、ネズミにはトラウマがあります。

幼きころ、私がまだ3,4歳の頃だったと思います。

母が衣類の整理をした時のことです。

私の産着が出て来て、私は喜んで産着を持ち上げました。

すると、なんとそこにはネズミの親子がいました。

私の産着の中でネズミが赤ちゃんたちを育てていたのです。

私はビックリして産着から手を放しましたが

産着を持ち上げた際に、生まれたばかりの赤ちゃんネズミが床に転げ落ちてしまいました。

まだ目も開いてないネズミの赤ちゃんでした。

私は慌てて転げ落ちた赤ちゃんネズミを拾い産着の中に戻しました。

お母さんネズミは攻撃されたと思ったのか私の手を咬みました。

私の手からは血が流れました。

だけど床に転げ落ちた赤ちゃんネズミはまだ残っていて、

私は再び赤ちゃんネズミを拾い産着に戻してあげました。

お母さんネズミは私を真っ赤な目で睨むと私の手にシッポを絡めて再び私の手に咬みつきました。

私は恐怖で気を失いました。

その後、どうなったのか記憶がありません。

あの時のお母さんネズミの怒りに満ちた燃えるような真っ赤な目と

私の小さな手を締め付けたネズミ母さんのシッポは

私の最大の恐怖対象になったのです。

時が流れ私は母になりました。

我が子が二十日鼠を欲しがった時は目眩がしました。

真っ赤な目をしたシッポの長いネズミでした。

が、私は母ですから過去の恐怖を隠して、二十日鼠を息子に飼ってあげました。

息子たちは喜んで二十日鼠を手にのせたりして二十日鼠を可愛いがりました。

私は内心では恐怖で気が狂いそうでした。

顔で笑って心で泣いて…母は強し。

だけど二十日鼠は息子たちに様々なことを教えてくれました。

今では二十日鼠にも感謝しています。

本当は私は、悲鳴をあげたいぐらい二十日鼠が怖かった。

息子たちが咬まれないかとハラハラしました。



写真のネズミは(ハダカデバネズミ)と言うんだって。

スッゴク間抜けな顔してる♪

癌にならず28年ぐらい生きるんだって。

シッポも無いし目も赤くない。

おてても可愛い♪

愛嬌のある間抜け顔♪

あなたなら私、好きになれそう~♪

むしろ好きです。



2011.12.05 Mon l 日記 l コメント (0) l top
面白いもので作家と言うのは、どんなに創意工夫して試行錯誤をして作品を作ったとしても個性や癖が作品に表れてしまいます。

私は昨夜テレビでドラマをみました。

新聞でのドラマ紹介では(最後に思わぬ大どんでん返し)と書かれていた。

かつてこのドラマの原作者の本を読んだことがある私はストーリーを想像してみました。

(思わぬ大どんでん返し)と言うくらいだから、さぞや面白い展開なのだろうと思えた。

だが、待てよ。
彼女(原作者)の作品なら、いつもジトッーーとしているから~~

登場人物の中で犯人は○で、大どんでん返しは☆になり★の存在は布石であり◎の役割は主役になって最後は●で落ち着き終わるに違いないと予測した。

すると私の予測と寸分も違わず物語は進行して、想像通りのオチでドラマが終了してしまった。

私にしてみたら拍子抜けもいいところでした。

正直「おい、おい、もっと私を楽しませてよ」(^_^;)だったのであ~る。

こんなテレビの楽しみ方をした私が悪いのだが、何だか時間泥棒されたみたいで非常に損をした気分になってしまったのです。

私はハッキリ言って彼女(原作者)の作品は好きではない。

作品が好きでないと言っても彼女の作家としての才能を嫌ってるわけでも彼女を否定してるわけじゃないので誤解しないでくださいね。

作風が私の好みではないだけなのです。

彼女の作風は物語の主人公が表面は仲良しぶってるくせに心の中では相手を恨んだり憎んだりしていることが多い。

私はそーゆー恨みつらみ妬み裏切りのストーリーの本が好きになれないのです。

彼女(原作者)は作家としては素晴らしく、優秀で才能も優れていると思います。

が私はやっぱり彼女の本は苦手なんです。

言いたい放題で、ごめんなさいねぇ。

彼女とは誰か?

あえて言いません。

誰だと名前を出したら・・・・σ(^◇^;)ワタクシ人間としてあまりにも失礼になっちゃうもの、言いませんね。
2011.12.04 Sun l 日記 l コメント (2) l top


我が家の3ワンコは毎日必ず私のベッドで寝ます。

写真の子はレディーちゃんですがレディーちゃんは私の左側に寝てヒナちゃんは私の右側、ボスくんは私の頭のところで寝ます。

それぞれの定位置らしく場所が変わることはありません。

で今レディーちゃんはカゴの中に入っていますが、何をしているのかと言うと・・・

ベッドメーキングが終わるのを待っているのです。

終わった途端にフカフカのお布団で寝るのです。

「お母さん、早くしてください」とでも言っているのかもしれませんねo(^-^)o
2011.12.03 Sat l 日記 l コメント (0) l top
今朝、久しぶりに地震がありました。

私が住んでいる地区は震度4でした。

12月になり続々と新たな情報が飛び込んできました。

我が故郷の福島など被災地の情報です。

1、除せん作業に参加しないと村八分や仲間外れにされること。

2、厚生省が白血病の全国調査をしますが福島県民だけが調査対象から外されることが決定。

福島県は日本では無いの?

福島県民だけ抜いて調査して、どんな結果を出したいのだ?

被曝してるであろう県民を数に加えず安全アピールをしたいがための福島県人除外ですか?

3、ハローワーク、厚生労働省では被災者への補助や失業保険を停止して
在日朝鮮人たちを優先的に就職斡旋実施。

4、放射能は東電の所有ではないと発表をしました。
今後、放射能の影響による健康被害・被曝・放射能汚染は東電も政府も認め無いでしょう。
除せん費用も東電、政府は出しません。

と言うことは…今後、被曝しようが病気になろうが実質国民自己負担です。

5、福島県知事は全国に向けて今月限りで(福島県民の新規の被災者受け入れを終了してくれるよう)
各都道府県に申請通達をいたしました。
福島県民の被災者を助けるな!福島県民の被災者支援をするな! と申請通達したのです。

県民を守るべき県の代表が県民を助けるな!と全国に向けて言っているのですから呆れます。
もはや狂っているとしか思えません。

被災地以外にお住まいの人々はご存知無いのかもしれませんが、被災地のテレビでは安全宣言の内容の報道しか流しません。

困っている、大変だ、と言う内容は報道規制がされて放送されないようになっています。
国からの圧力ですから報道したら、そのメディアは潰されます。
テレビでは今も毎日の放射線量がテロップで流されていますが放射線量は改ざんされています。

安全では無いのに安全だと嘘を言われて洗脳されているのです。

そして次の冬季国体が被災地で行われます。

0、8の放射線量があるような所で選手を跳んだり跳ねたりさせて健康な人々までもを被曝させようとしているのです。

大震災から8ヶ月が過ぎ、被災地では生活支援も無く仕事も無く、明日への当ても無く、どれほどの人間が自殺したことか!

特に地震、津波、原発、風評被害の被災地でもある福島県での、ひと月あたりの自殺者は90人強です。

政府は口が裂けても絶対に報道しません。

3月から今日現在まで土日には必ず休むこと無くデモが行われています。

今日も私が知ってるだけで2箇所での脱原発デモがあります。

今日のデモはどちらも1000人規模のデモですが、今回もメディアでは取り上げないでしょう。

さすがに50000人デモの時は30秒ほどTVでデモの様子を報道に載せましたが、

あの時だって30000人デモや20000人デモだったと情報をすり替えられ報道されました。

全国で痛みの共有…(ガレキ受け入れ)でも、

被災地の人間は汚染ガレキの全国拡散など望んでる被災者はいません。

何も知らない視聴者たちは(被災地が汚染ガレキを拡散しようとしている)と言って被災地の人間を責めます。

汚染ガレキを拡散しようとしているは東電です、政治家です、日本政府です。

勘違いして被災者を責めないでください。

私は福島出身です。

私の家族、親戚、友人にはシツコイぐらいに原発で働きませんか?と原発作業員の募集が来るそうです。

仕事内容を聞いてみると一発(1日で)で被曝して死ぬような場所での仕事内容です。

命と引き換えです。

昨日、私の兄もシツコク誘われました。

高額な値段を提示して雇い、給料を払うときには死んでるのですから、給料を払う必要などは無いのです。

死因は何とでも言えます。 放射能の影響はない、突発的に起こった突然死と言えば責任を免れます。

それでも家族を守るため、生活をするために原発作業員の仕事に着く人たちがいます。

11月までに、このようにして30万人が原発の作業員となり4300人が死んで行きました。

死んでも補償はされないし報道もされません。

東電からが見舞金も線香代も出ません。

身内の吉田所長辞任でさえ、(放射能の影響は考えられない)と公表をして見捨てたのですから、

単なる作業員のことなど見殺しするのは当たり前です。

吉田所長は数度の吐血をし、胸を押さえて倒れました。

吉田所長の首をみれば、何が原因で倒れたのか知識がある人ならわかりますよね。

現在は血を吐きながら集中治療室です。

病名は公表しないように3か月間の口止めがされています。

こうして何事も無かったこととされ静かに葬られます。

増税? 消費税10%?

被災者たちが仕事を求めても被災者たちには仕事を回さず

在日朝鮮人たちに優先的に仕事を回す政府さん、

被災者を汚染ガレキまみれにして、自腹での除せん作業をさせ、参加しなければ圧力かけたりイジメたり、

被災者受け入れも被災者支援もするなと全国にアピールして、

仕事もくれず、原発作業員の仕事だけをさせようとして、被曝させ続けて、

他所に避難しようとすると足かせを負わせて、被災者のどこに払えるお金があるの?

被災者は日本国民にあらず!なのですか?

頑張ろう日本・絆・立ち上がろう日本・復興日本。

薄ら笑いがこぼれます。

そんな耳障りが良いことを言えるのは、自分は安泰で幸せだからですね。

なんだかんだ言って被災が他人事だから悠長に言える言葉です。

明日の命がつなげるかわからない被災してる人間は、言いたくても言えない言葉なんですよ。

冬の電力制限?

それを聞いて、または実施されて…自殺する人間が増えることを想像も出来ないのでしょうかね?

ぬくぬくと明日への不安も無く生きて脳ミソに蛆がわいたようなアナタには想像も出来るわけもないですね。

世も末とは、こういうことを言うのかもしれません。

東京荒川区で6.46マイクロシーベルト…

セシウム134と137の合計蓄積量は奥多摩町など多摩地区で10万~30万ベクレル。

23区内では葛飾区柴又、東金町、水元公園や江戸川区北小岩の一部で3万~6万ベクレル。

神奈川県で山北町など県西部の一部で6万~10万ベクレルが検出。

はい、東北のみならず、関東圏の人間も被曝確定です。

被災者(被曝者)は見捨てられたのだから毒ぐらい吐かせてもらいます。

*この日記を転載させてくださいとの申し入れがありますが、これは私の個人日記です。
私は原発の専門家でも放射能の学者でもありません。
ましてドクターでもありません。
私の日記の中には間違ってる思想も、間違っている表現も、勘違いの言葉もあるかもしれません。
この日記は単に私の愚痴です、ストレス発散してるだけです。
言いたい放題、言いっぱなしの日記ですので細かい言葉の責任の有無を問われても私は責任が持てません。
興奮がピークを迎えてるので責任が持てないのです。
転載希望でしたら、ご自分で真実を調べて、ご自分の言葉で書いてくださいませんか。
私の日記のコピー(丸写し)はご遠慮くださいませ。
宜しくお願いいたします(悪気はないのでごめんね)

*そういうわけで最近のワタクシ、はらわたが煮えくり返って精神的に限界が来ています。
でも、どこかで怒りを発散しないと頭が可笑しくなりそうで、このような日記を書かせていただきました。
今日の日記には間違いも、不適切なことも多々あると思いますが
私を責めること、私を攻撃することは、私の日記に反論することは、くれぐれもしないでください(昇天しそうです)
そして、この日記に関しては私からのコメント返しは”無し”にさせてくださいませ(ヘロヘロなんです)
コメントいただいたものは ありがたく読んでいます♪
気に留めてくださりありがとうございます。

*この日記は突然、消すことがあるかもしれません、ご了承ください。
2011.12.03 Sat l 未分類 l コメント (0) l top
我が町で小学生が下校中に何者かに刺され病院に緊急搬送されました。

犯人は未だに逃走中で捕まっていません。

学校には父兄が集められ親御さんとの下校になりました。

実は我が町では、このような事件が多いです。

子どもが不審者に追いかけられたり、露出狂の被害にあったり。

町内では盗難やひったくりは毎月のようにあります。

我が家では自宅の車庫に置いていた自転車とバイクが盗まれたこともあります。

我が町は外国人もとても多く、そんな人たちの犯罪も多発しています。

私の家の半径100メートルだけでも10人以上の外国人が住んでいます。

以前、私の家の窓を割られたことがありましたが、それも外国人でしたね。

まっ、日本人の私から見たら日本人以外は外国人になるので一概に外国人が、、、とは言えないですが年末に向けて犯罪や事件が増えていくのは確かです。

まずは自分の身は自分で守るのが基本です。

年末に向けて益々気を引き締めて参りましょう。
2011.12.02 Fri l 日記 l コメント (0) l top
べったら漬けを見て私の高校時代の校長先生を思い出した。

高校時代、私は校長先生と仲良しで、放課後に度々遊んだりした。

校長先生は愛妻家で「ちえこさん!私の奥さんが漬ける、べったら漬けは最高です。奥さんが漬けたべったら漬けを食べたら市販のべったら漬けなど不味くて食べれません」

「ちえこさん!私は高菜漬けを奥さんが漬ける時は冷たい水で高菜を洗います。そうするとシャキシャキの高菜漬けが作れるのですよ」

「ちえこさん!私の懐中時計は私のお爺様にいただいたものです。戦争を見て来た懐中時計です。この懐中時計は数秒も狂わないのですよ。私の宝物です」

「ちえこさん!外が暗くなって来ましたよ。薄暗い道での女性は危ないですから帰りましょう?私も帰りますよ」

「ちえこさん!あなたが結婚する時には私が仲人をしてあげましょう」

そんな言葉をかけてくださる校長先生でした。

校長先生は教科を担当はしていなくて、杖をついたヨボヨボのお爺ちゃん先生でした。

当時、私の学年は9クラスありました。

1学年が500人弱、教科担当をしていたわけでもないのに、よくも生徒の名前を知っていたものだと感心します。

いつも礼儀正しい言葉使いをする人物でした。

愛妻家で優しくて礼儀正しくて、私は校長先生が大好きでした。

べったら漬けを食べたら校長先生を思い出しました。
2011.12.01 Thu l 日記 l コメント (0) l top