1616BBS 無料レンタル掲示板 空の下 2010年08月

電線にスズメが音符のように留まってた。

ド・ミ・ド・ミ・ソ・ソ・ソ。

あのこらは自分がドやミやソに見えてることに気づきもしないし、気にもしない。

あのこらは大きな空に翼を広げて空を舞う。

翼を持たない人間からは自由気ままに、時には羨ましくさえ見えるけど

あのこらだって生きるつらさや悲しみを知っているんだよね。

日照りの日、雨の日、風の日、雪の日、嵐の日。

恨めしく空を見つめて溜め息をつくのでしょう。

晴れたらいいなと、こっそり思うのでしょう。

本当はラララ ラララと声高らかに謳って大空を飛びたいのでしょう。


スポンサーサイト
2010.08.31 Tue l 日記 l コメント (0) l top

コンサートに行ってきました。

お約束のこうせつさんです。

今回のコンサートは市民をステージに上げて合唱する時間が割かれているコンサートでした。

ステージに上がった市民は五歳児から老人と言われる人々。

合唱では、(ウサギ追いしかの山)のふるさとを合唱しました。

私はこのようなことに弱い。

懸命に歌っているのを見てるだけで涙が溢れてくる。

今日も市民の歌声を聞いた途端に涙が零れてしまいました。

涙の原因はわかっている。

幸せそうな、その姿に涙が零れてしまうのです。

もしも命を守ってくれる環境がなければ、ステージなどに立てやしないでしょう。

もしも、今日の命をつなぐことに精一杯ならステージなどに立てやしないでしょう。

今、ステージに上がって笑顔で歌う市民は少なからず幸せな人種なんだ。

こぼれるような笑顔で歌えることが出来る有り難さ。

そんな市民が何百人も。

私の目の前に幸せな人種が何百人もいる。

「幸せで良かったね」「笑顔でいれて良かったね」

私は、それで泣いてしまうのです。

私は特殊な環境で、やっとやっと命をつないで生きてきた人間だから~~~~誰かの笑顔を見るのが嬉しい。幸せそうな人を見るのが嬉しい。

誰かの笑顔を見ていると自分もあたかも幸せであるかのような錯覚をしてしまうのです。

「そんな幸せな笑い方が出来るんだね」と勝手に自分を重ねて疑似体験をしてしまい、そんな馬鹿みたいなことが凄く嬉しくて泣いてしまうのです。

「良かったね。良かったね。今日が幸せで良かったね。笑顔でいれて良かったね」

私にとってのコンサートや歌は、私の栄養です。

幸せをお裾分けして貰える場所なのです。

帰りは、こうせつさんとちょびっとお話と握手が出来ました。

こうせつさんからも幸せをお裾分けして貰えました。

皆さんはどっちのタイプですか?

自分が幸せなら自分の周りの人間を幸せに導けると思うタイプですか?(私の幸せはアナタの幸せ)

それとも、自分の周りの人間が幸せなら、やがて自分も幸せになれると思うタイプですか?(アナタの幸せは私の幸せ)

私は後者のタイプの人間です。

だから幸せそうな人を見ると私も嬉しくて泣いてしまうのです。

人生の日向で生きれる人間もいれば人生の日陰でしか生きれない人間もいると思う。

私は笑顔を見るのが好きです。

今日もアナタが笑顔で過ごせますように。

どうぞ笑顔でいてください(*^_^*)
2010.08.30 Mon l 日記 l コメント (0) l top

手作り生ハムソーセージをいただきました。

ガーリックが効いててとても美味しかったです。

貰えるものは何でも嬉しいけれど、市販のものより手作りのものって私は凄く嬉しくて喜びも倍増します。

手作りのものは心まで貰えたような、そんな気がします。

だから私は手紙などは極力、直筆で送るようにしています。

ミミズがのたうちまわったような汚い文字ですが、直筆の方が心が伝わるような気がするのです。

封筒、便箋、ペンの色、文字の行間。

全て私そのものです。

ささやかなことだけど、ささやかだからこそ心を込めようと思っています。
2010.08.29 Sun l 日記 l コメント (0) l top

牛乳石鹸(カウブランド)は私の大好きな無添加シリーズです。

私は肌が弱いので刺激が強いものは極力、使わないようにしています。

カウブランドは在庫も少なくしか店舗でも置いてないので見つけた時はとりあえず買って置きます。

カウブランド(牛乳石鹸)はパッケージに牛さんがいますので目印にしてくださいなo(^-^)o
2010.08.28 Sat l 日記 l コメント (0) l top


携帯電話のカメラで撮影したので上手く見えないかもしれませんが東の空の薄雲と西の空の薄雲が比例するように大きなvになっているのです。

まるで合わせ鏡のように(^O^)

阿吽の呼吸とでも言うのでしょうか。

一つ空の中で愛し合ってる東の空と西の空なのかな?

つかの間のデートでしょうかねぇ~(*^_^*)


2010.08.27 Fri l 日記 l コメント (0) l top

仕込んでいた梅干しがようやく出来上がりました。

私が作りたかったのは表面カリカリ、中身ふっくらで身が潰れていない梅干し。

何とかイメージ通りの梅干しに仕上がりました。

名付けて【元気印ちえこの梅干し】

梅の風味と酸味がたまらない。

手間がかかっても、地味で質素でも、私は身体に安全なものを作っていきたいな(*^_^*)


2010.08.26 Thu l 日記 l コメント (0) l top
海外旅行に行くのにネットで申し込みをした。

これが思いの他、大変でした。

格安ツアーだからか、申し込み時間になるとアクセスが集中して弾かれてしまう。

狙っていたのは300名の限定なのです。

日程は11月なかばの4泊5日。

アクセスが弾かれて既に2時間半。

予定枚数チケットがドンドン購入成立されていく。

焦る私。

ネットでしか購入出来ないツアーなのでパソコンに神頼みするしかない。

パソコンと格闘して、もうすぐ3時間になろうと言う時にやっと繋がり購入成立となった(^_^)v

これで安心して11月の海外旅行に行けることになりました。

・・・と言っても海外旅行に行くのは私ではありません(笑)

海外旅行に行くのは私の息子なのよん。

息子の海外旅行は、もう15回は楽にこえているだろう。

息子はまとまった休みが取れると、すぐに彼女や友だちと海外旅行に出かけるのです。

今回の海外旅行は息子の中学時代からの男友だち3人での海外旅行だそうです。

皆、仕事を調整して休みを合わせて海外旅行に行くのです。

突然チケット購入を頼まれた私はパソコンと格闘してても仕事に行った息子や息子の友だちからメールで頻繁に急かされて責任重大だったと言うわけです。

チケットを購入出来た時は疲労感と安堵でグッタリ。

夕食は買って来たトンカツとお刺身で済ませてしまいました。

それにしても若者たち(息子たち)はフットワークが軽いですね。

国内旅行にでも行く感覚で海外旅行に行きますもの。

私は海外旅行には5年以上は行ってないです。

もしも海外旅行に行けるならバオバフの草原と野生の動物を見たい、オーロラを見たい、グランドキャニオンに行ってみたいですね。

叶いそうもないですけれど一応は夢をみたりするのです(*^_^*)
2010.08.25 Wed l 日記 l コメント (0) l top
ご近所での買い物帰り、ママ友にバッタリと出会いました。

このママ友は息子が小学生の時に仲良くしていたママ友です。

当時、私とママ友は学校の役員をしていたので、お互いの家を頻繁に行き来していて、子どもたちも自由に出入りをしていた。

お誕生会、クリスマスなども自宅に招いたり、一緒に出掛けたりして週の半分は一緒にいたでしょうね。

やがて彼女の子どもは中学からは都心の私立に行き、我が家でも高校からは都内の私立に行ったので年数を重ねるごとに付き合いは無くなってしまった。

今日、バッタリ会うと、あの頃と変わらぬ仲良しさで会話に花が咲いた。

二人して「近くに住んでいるのに会わないわね」と笑う。

彼女と我が家は500メートルも離れてはいない。

ただ通りが一本違い、その間には大型マンションや住宅があり、私と彼女の間には数万人の人口がウロウロしているのです。

たかだか500メートル、されど500メートル。

あんなに仲良くしていたのに、会ったのは10年ぶりでした。

人間は「会おう」と努力しなければ、どんなに近くにいても会えないものなのかもしれない。

ましてや、人口密度の高い地区では数メートル先の住人さえ何年も見かけることなく、交流することも無く時間を流して行けるのです。

アナタには努力をしてでも、わざわざ時間を作ってでも、どうしても会いたい人はいますか? (^O^)
2010.08.24 Tue l 日記 l コメント (0) l top

100822_1213~010002







着々と東京スカイツリーがニョキニョキと成長しています。

日曜日はこの東京スカイツリーの根元で仕事だったので行って来ました。

東京スカイツリーがある押上や浅草界隈は私の父が生まれ育った町です。

父は生まれて少年時代までこの近辺で生きていたのです。

ですから私は浅草の風景などを見るのが大好きです。

ランチは徒歩で浅草に移動して【浅草むぎとろ】で食べました。

【浅草むぎとろ】は浅草では有名なお店です。

観光客が旅の思い出に奮発して食べるようなお店ですね。

一人3、000円ぐらいを考えてないと安心してランチも食べられないような店です。

私は日曜日も仕事だったのでご褒美でランチしたの。

でも遠慮して安いのを注文しましたよ。

贅沢は私に似合わないし貧乏性が丸出しですね(*^_^*)


東京スカイツリー横の通称(う○こビル)は正式にはスーパードライホールと言います。

巨大な黄色いう○こに見えるのは、金の炎をイメージしているそうです。

スーパードライホールには1階から3階までレストランが入っています。

左のビルがアサヒビールビルです。
2010.08.23 Mon l 日記 l コメント (0) l top


お祭りが開催されています。

お祭りの烏賊焼きの屋台を見ていたら(烏賊大根)が食べたくなり、烏賊と大根を買って来てせっせと(烏賊大根)を煮付けました。

大根の煮物は火を消してから大根に味が染み込んでいきます。

ですから大根を使った煮物は火を消して10分ほど放置してから食べてくださいね。

それが大根の煮物を上手く作るコツです。

写真は火を消して味を染み込ませてる時の写真です。

我が家の息子たちは小さい頃から大根の煮物が大好きなんです。

今回は烏賊を3はい、大根を一本使って(烏賊大根)を作りました。

好みで絹さやを添えてください(売り切れてて私は買えませんでした)

これは我が家では1食で無くなってしまう量です(^-^)


2010.08.22 Sun l 日記 l コメント (2) l top
100歳以上の所在不明者が280人を超えました。

子どもを放置したり、見ないふりや、虐待をして殺す。

友や兄弟や親や祖父母を刺し殺す。

連れ合いを殺す。

気に入らなければ傷つけ殺し、憂いれば自ら命を絶つ人々。

毎日毎日毎日、このような悲しい出来事がアチラコチラで起きている。

どこかでいつも誰かが自ら死んで、殺されている。


きっと今の世の中のことを(世紀末、世も末)と言うのでしょうね。
2010.08.21 Sat l 日記 l コメント (0) l top

公園に祭りの櫓がたった。

今週の土日は恒例の夏祭りです。

町内別に祭りが開催されます。

夜になると今年の役員が集まり祭りのリハーサルが行われます。

大音量で祭りの音楽を流すのでウッカリさんが本物の祭りだと思って集まってきてしまいます。

笑えます(^O^)

2010.08.20 Fri l 日記 l コメント (0) l top
秋刀魚が今年は高くなるそうですね。

漁獲量が極端に低く一尾が700円になるかも?と。

昨年はイワシも高くなり今年は秋刀魚が高くなる。

魚派の私には悲しい変化です。

タレントのさんまちゃんにも結婚報道が流れ、(単なる番宣らしいが)

皆、自分が生きる場所を必死に探しているのですね。

貴方が居心地の良い居場所は何処ですか?
2010.08.19 Thu l 日記 l コメント (0) l top


(BALLAD名もなき恋のうた)と言う映画をWOWOWでやっていたので見ました。

やっぱり日本映画は好きだわ。

ほっとします。
2010.08.18 Wed l 日記 l コメント (0) l top

残暑だと言うのに、いつまでも暑いですね。

夕方に外に出てみると、ミツバチがひまわりの蜜を集めていました。

ミツバチも暑い時間を避けているのでしょうか?

みんな 自分の脳ミソをフル回転で頑張っていますね(*^_^*)
2010.08.17 Tue l 日記 l コメント (0) l top
パソコンがとうとう壊れました。

いきなりパソコン無しになってしまいました。

これは携帯電話から書いての更新です。

無くしたデーターも数々(T_T)

新しいパソコンの設定完了まで不便になります。

ご用の方は私の携帯電話にご連絡くださいね。

宜しくお願い致しますm(_ _)m

中村千恵子
2010.08.16 Mon l 日記 l コメント (0) l top

私の父は私が五歳の時に亡くなった。

だから私には父との思い出は、ほとんど無い。

しかも自宅は火災にあったので父の形見など何一つ無い。

私の中に生きているだけです。

今回、福島の実家に帰省して嬉しいことが起きました。

近所の人が私の父の若かりし日の写真を持っていて届けてくださったのです。

遠く薄い記憶にしかない私の父。

うん十年ぶりに会えた。

私の最愛の男性です。

写真の中の私の父は私より若い。

父の写真をもらい、早速 携帯電話の待ち受け画面にしました。

父より、すっかり年上になった娘の私を父は何と思っているだろうか?

私の最愛の男性がいつも私の手のひらの中にいる(*^_^*)
2010.08.15 Sun l 日記 l コメント (4) l top


昨日、午後に突然の帰省が決まりました。

故郷への手土産に餡子入りケーキを焼き、帰省してきました。

千葉と福島の分を焼いたので45個作りました。

夜の12時、福島 県の高速道路での気温は21℃。

快適、快適o(^-^)o

福島の実家には1時頃に着きましたよ。

久しぶりに熱帯夜から解放されました。

田舎に帰省しても早起きして甥っ子のお弁当作り(甥っ子には母親はいないので会ってるときは私の息子として接します)

私は何処にいても飯炊きババアですね。

今日は1日雨のようです。

3ワンコも涼しいので身体が楽そうです。

明日は千葉の家に戻ります(*^_^*)


2010.08.14 Sat l 日記 l コメント (0) l top

先月だけでも知り合いが二人亡くなり葬儀に参列をしました。

この歳になると出会いより別れの方が多くなりますね。

地域性もあるだろが、この辺りの香典返しはカタログで返されることが多い。

「何か好きなものを選んでください」とカタログを送られても正直、失意に包まれててカタログを見る気にもならない。

だからなのかな?香典返しのカタログの有効期限って一年あるんだよね。

故人は所縁がある何か選んでもらい、物を見るたびに偲んで欲しいと思うのだろうか?

それとも故人は物を選ばずに物以上に偲んで欲しいのだろうか?

いつも私は、そんなことを思ってしまい結局は何も選ばず過ごしてしまう。

2010.08.13 Fri l 日記 l コメント (0) l top

我が家の前は、車が1日中、途切れることはありません。

さて、この通りですが、救急車や消防車の通り道にもなっています。

我が家に実家の母が泊まりに来たときのこと。

母がいきなり外に走って行ってしまったことがありました。

私はビックリして慌てて母を追った。

私の田舎では自宅のそばに救急車が停まるなんて数年に一度です。

母はその感覚のまま私の家にいたものだから救急車のサイレンの音を非常事態だと思い外に飛び出したのでした。

此所では救急車両なんて珍しくも何ともなく、毎日のことです。

交差点が自宅のそばなので救急車両が頻繁に停まっていたりして、年に数回は私も事故現場に出くわす。

だから私は、またかぁ~今月は多くて物騒だわぁ~ってぐらいにしか思わなくなった。

夜中になると、お馬鹿な暴走族とパトカーが日課のように追いかけっこを始めるしね。

良く良く考えたら、緊急事態なのだから、こんなことに慣れたら駄目ですね。

今日も救急車が自宅の20メートル先に停まりました。

熱中症だそうです。

まだまだ暑いので皆さんも用心しましょうね。


2010.08.12 Thu l 日記 l コメント (0) l top

私のパソコンの調子が悪くなり不自由しているので携帯をもう一台買いました。

今度の携帯は巷で持ち歩くパソコン?とも言われてるものです。

簡単に言えば携帯電話とパソコンの中間のような機能があります。

商品名はauのIS01です。

これだと外出先からでもインターネットに3秒で接続されパケット料金(使い放題)が適応されるので便利なのです。

機能もほとんどパソコンと変わりないので外にいる人には便利だと思います。

色がブラックとブルーしかないのが残念ですが、何処にいてもパソコンが使えると思えば有難い製品だと思います。

私はauのポイントもたまっていたので安く買えました(^_^)v

今は何処でも入荷待ちで二週間ほど待つみたいです。

私は買いに行った当日に買えたのでラッキーでした(*^_^*)


2010.08.11 Wed l 日記 l コメント (0) l top



あらすじ: 村でただ一人の医師、伊野(笑福亭鶴瓶)が失踪(しっそう)する。村人たちに全幅の信頼を寄せられていた伊野だったが、彼の背景を知るものは誰一人としていなかった。事件前、伊野は一人暮らしの未亡人、かづ子(八千草薫)を診療していた。かづ子は次第に伊野に心を開き始めていたが、そんな折に例の失踪(しっそう)事件が起き……。


この映画は私が大好きな八千草さんがサブ主演をしています。

なりたい自分、それに成りきれない能力の限界があったとしたら、自分自身を誤魔化すのだろうか?、それとも周りを誤魔化すのだろうか?・・・それとも夢を諦める?

でも人は心の中に探られたくない世界の一つや2つ、誰でも持ってるんじゃないかな?

少なくとも私は社会的身分や肩書きに惚れる人間では無く、そのような事柄には何の魅力も感じない人間なのだと再認識した映画でした。

私がもし、この映画の登場人物だったとしたら八千草さんと同じ行動をとったろうと思います。

自分が大切にしたいこと、信じたいこと。

たとえ偽物だったとしても私に真摯に心を砕いてくれて、私に心を寄せてくれるなら、私は信じてしまうかもしれませんね。

私は物静かな人物ですが、揺るぎにくい人物でもあります。

勿論、嘘や犯罪はいけませんけどね。

八千草さんはやっぱり美しい。

私の憧れの女性です(^O^)

2010.08.10 Tue l 日記 l コメント (0) l top

あらすじ

上方落語界の稀代の噺家・笑満亭橋鶴が、今まさに臨終のときを迎えようとしていた。見守る弟子たち。なんとか師匠のいまわの願いを叶えようと、耳を近づけ聞き取ったのは「そ○が見たい」との言葉。一同驚きつつも、おとうと弟子・橋太の嫁・茂子を説得。茂子は師匠をまたぎ、そそをお見せした。が、師匠は言った。「わしはそとが見たいと言うたんや……」。そしてご臨終。通夜には師匠ゆかりの人々がわんさわんさと集まり、想い出話は尽きることがないのだった。


この映画は2006年の映画です。

話が進むごとに下ネタが増えますが少しもいやらしくは無く大笑いしてしまいました。

この世からサヨナラするときにこんな見送られ方も素敵だなぁ~と思いました。

豪華キャストも見ものです。



2010.08.09 Mon l 日記 l コメント (0) l top



突然の雷鳴?と思いきや、花火大会の音でした。

昨夜は3地域で花火大会だったのです。

だから、その音が四方八方から聞こえて来ていて、それを雷鳴かと思っていたのでした。

我が家からは小さいけれど3地域全ての花火大会を前左右に見ることができます。

電車で6分移動で花火大会会場にも到着します。

だけど人ごみが苦手な私は花火大会会場には、もう何年も行っていないし行きたいとも思わない。

花火大会会場で花火を見たのは、祖母がいた頃が最後ですね。

祖母は97歳で亡くなったが、その祖母と見たの。

祖母は老人ホームに入居していました。

その老人ホームでは夏になると家族を交えての花火大会観賞会を企画していました。

家族と食事をとりながら花火大会を楽しむのです。

花火大会の規模は小さいもので850発しかない(笑)

だけど老人ホームに入居している人たちは本当に楽しみにしていた花火大会だったのです。

私たちは祖母を悲しませない為に毎年、花火大会に参加した。

千葉から福島まで、車で片道3時間。

その為だけに日帰りで参加したことも多かった。

正直、肉体的にもキツクて福島までの花火大会など辞退したいと思ったことも一度や二度ではない。

祖母の本当の娘たちは祖母を嫌って祖母に寄り付きもしませんでした。

私も祖母が苦手だったけど、今となっては祖母との花火大会に参加して良かったと思っています。

祖母は晩年、自分の薄情な娘たちのことを次々と見事に忘れていきました。

そして私のことを自分が産んだ娘だと信じて疑わなかったのです。

花火大会の日、祖母は老人ホームのスタッフに話かけられた。

「ご家族と一緒に花火大会を見れて良かったわね」と。

すると祖母は決まって老人ホームのスタッフに誇らしげに言うのです。

「へへへ(^O^)おらの娘だもの、おらに会いにくるのは当たり前だっぺ。おらの娘はワザワザ千葉からおらに会いに来るんだぞ」

祖母は、この時とばかりに胸を張って自慢をするのだった。

私は自分の体の楽さや自分の欲望より、喜ぶ祖母と過ごす、たった2時間に価値を見いだした。

花火大会を見ると、年々ボケが酷くなっていった祖母を思いだす。

私の選択は きっと間違っていなかったと思う。


2010.08.08 Sun l 日記 l コメント (0) l top


ウニと海藻?

頂き物ものです。

嬉しい~(*^m^*)

私は初めて食べるものでした。

やっぱり海産物は美味しいですね。

2010.08.07 Sat l 日記 l コメント (0) l top

夕方の空を見ていて本当に美しく空だな!と思った。

パステル色の青い空にピンク色の雲が浮かんでいる。

ピンク色の雲は刻々と姿を変えていく。

辺りが夜へと暮れ馴染んでピンク色の雲が見えなくなるまで私はボンヤリと空を見ていた。

雲のように 空のように その時々で姿を変えて 人々に恵みを振りまきながら生きれたのなら どんなに素晴らしいだろう。

見上げれば いつでもそこに有って 逃げることも 隠れることもせずに堂々と。

もしも 悲しいことがあったなら 空を見上げて胸を張ってへこんでみなさい。

へこんでるのが馬鹿らしく思えるから。

私は大きな空が大好きだ。



2010.08.06 Fri l 日記 l コメント (0) l top
夢を見て、その夢があまりにも衝撃的で、夢を見ながら数年ぶりに声をあげて泣いて、自分の泣き声の大きさに驚いて目が覚めました。

私が見たのはカエルの夢でした。

予知夢っぽいので夢の内容は話せませんが、私はカエルの夢を見て泣いたのでした。

私が泣き叫んだのは熊本弁ででした。

熊本弁と言っても有名な熊本弁ではなく、熊本県でも極一部の地域でしか使わない熊本弁です。

しかも、その方言を使うのはお子さまだけぐらいな実に珍しい熊本弁なのです。

「ビッカン、ビッカン」

私はカエル、カエルと泣き叫び目が覚めたのでした。

熊本県には数えるほどしか行ってもいないのに、どうして私はビッカンと泣き叫んだのだろう?

しかも私は実際には一度も使ったこともない言葉なのです。

小さな子どもが使うような言葉で、どうして?。

因みに熊本県ではカエルのことを(ビキタン)と言う方言を使うことが多いです。

熊本?

私の心は確かに熊本県に飛んでいた。

リアル過ぎる景色だったなぁ~。

不思議な不思議な夢でした。
2010.08.05 Thu l 日記 l コメント (0) l top

我が家のシッポ子たちは暑いのが大嫌いだ。

この夏の暑さはシッポ子たちにとってもキツイらしく日が沈まないうちは散歩に誘っても聞こえないふりをして外に出ようとはしない。

私が洗濯物などを干したり取り込んだりするときは一応はついてくるのだが。

ご覧ください。

この不機嫌な顔。


私が時間がかかると、暑い場所にいるのも限界らしくサッサと私を置き去りにしたまま部屋へと戻っていってしまう。

だから愛犬と外を楽しむのは、もっぱらお月様が出てからです。

ジジイになったボス君は更にこの夏はキツイらしく食事が済むとトイレに引きこもっている(トイレは石作りなのでヒンヤリしてるのです)

嗚呼、早く涼しくならないかなぁ~(*^_^*)
2010.08.04 Wed l 日記 l コメント (0) l top
どうしてもモヤモヤすると言うか、好きになれないことがある。
BBQ(バーベキュー)や(リスペクト)などの流行語と呼ばれる言葉です。
誰が流行らしたのかは知らないが、得意げになって使っている人を見ると何故だか気分が萎えてくる。
得意げなら、まだ可愛げがあるけど、BBQやリスペクトと言う言葉を知らない人を笑ったり馬鹿にする人もいて、そんな人を見ると萎えるどころか、がっかりしてしまいます。
流行り言葉を我先に使うのも良いだろうけど、本来の意味も知らずに使っているのを見ると・ ・ ・ね(T_T)
BBQを正確な英語で書くとbarbecueですから簡素化したら本来はBBCになるだろう。
だけど発音だか雰囲気だか知らないがバーベキューのキュー(cue)が(Q)と書かれ、
日本ではそのまま定着してしまった。
いい加減と言うか、適当?(^O^)
リスペクトも本来の意味は(尊敬、敬意)です。
それを最近では日常的に「リスペクトしてますよ」と多用する。
あれにも、それにも「リスペクトしてますよ」と使う人間があまりにも多すぎる。
軽々しい~、薄っぺらいなぁ~(∋_∈)。
私はBBQなどとは使いたくないなぁ。
私だったらバーベキュー、もしくは焼き肉で十分です。
リスペクトも・・・ そのようなことに簡単に出会うこともないから私は使うことも無いだろう。
もし、私がリスペクトと言う言葉を使うことがあったら
「尊敬しています」「敬意を表します」と日本語で言いたいと思っています(*^_^*)
この日記はBBQをBBQ(ビービークイーン)と言って馬鹿にされた人がいたので書いてみました。
「ビービークイーン? なんだよそれ! ビービークイーンをBBQだなんて言わないよ。馬鹿じゃないの」ってね。
私は、そのやり取りを聞いて
(ビービークイーン)と言うアーティストがいるのになぁ~。 
流行語しか知らないあなたの方が馬鹿じゃないのって思ってしまいました。
流行語を好んで使う人は流行語のブームがすぎると
「今は、そんな言葉を使わないよ。ソレ死語だよ。馬鹿じゃないの?」と平気で言うんだろうね。
流行りものにすぐに飛びついて得意げになってる人、私はそのような人たちがチョット苦手なんです。



2010.08.03 Tue l 日記 l コメント (0) l top
家族の8月からの予定が決定して、転機かな?・・・の謎が早くも解けた。

家業は夏休みも盆休みも無く、9月末日までハイペースでの仕事が続くことがわかった。

天候により仕事進行がずれれば、それだけ休み無しは10月以降も続くことになる。

デカ君も9月末日までは休み無しで早朝から仕事だ。

今、私は朝の5時には起きて、みんなの食事やお弁当の用意をしているのだが、

今後の予定を見ると5時起きでは朝食やお弁当作りが間に合うわけもなく、

私は今より更に早起きをして朝の用意をしなけりゃならない。

逆にチビくんは毎日が深夜に帰って来て夜中の1時ぐらいに夕食を食べるので

アッチもコッチも滞りなく過ごせるように対応すると、

私は遅くても朝は4時頃に起きて、寝るのはチビくんに食事を出し終えた深夜の2時頃になる。

今までより一時間ほど睡眠時間が減るのだ。

足りない分は昼間に寝させて頂くが、

私がつかの間の昼寝をする頃に限って業者さんやお客様などが来るので細切れに昼寝するしかない。

猛暑であろう、この夏に、休み無しでの、この生活パターンは正直キツイ。

これだったか!

海も山も帰省も盆休みも、休みさえも無い、無い無い尽くしの夏。

ははは(^O^)。 今年も貧乏暇無しでございます。

気づけばここ数年、GWも盆も正月も人並みに休めた年はない。

休めてもせいぜい2日だ。

3日以上も休んだのは子どもが学生のころまでだったなぁ~。

必要とされてることに感謝して、ささやかな楽しみでも見つけてガンバンベー。
2010.08.02 Mon l 日記 l コメント (0) l top