1616BBS 無料レンタル掲示板 空の下 2010年06月

久しぶりに福島県の実家に帰ると池が無くなっていました。

私は幼い頃は池にはイッパイの友だちが住んでいました。

金魚、フナ、鯉、蛙、トンボ、ゲンゴロウ、水すまし、アメンボ、、、ご近所の犬に襲われて殺されてしまったがアヒルも池で飼っていたのだ。

それらの命は私の友だちでした。

実家に帰ってみれば、あの池は埋め立てられ、スッカリ更地になっていました。

かつての私の友だちは湧水が湧き出る狭苦しい仮の宿に住んでいる。

冬までには新しい池を作って貰えるそうだが。

何とも可哀想な仮の宿だ。

今日の夜には千葉の自宅に戻ります。
スポンサーサイト
2010.06.30 Wed l 日記 l top

本日は福島県からご挨拶です。

用事があり昨日の深夜に福島入りしました。

30日には千葉の自宅に戻ります。

「本当の空がある福島県」、、、福島県のキャッチフレーズです。

今朝の故郷の空は曇空です。

どちら様も笑顔でお過ごしくださいませ(*^_^*)
2010.06.29 Tue l 日記 l top
私にしては珍しく、はまってしまったCMがあります。

それも素晴らしく、はまってしまったのです。

「♪~僕には夢がある、希望がある。そして持病がある。ラララ、ララララ~♪」

…って歌うCMです。

素晴らしいCMだと思いませんか。

綺麗に韻が踏まれている歌詞。

その歌詞はけして明るい歌詞ではありません。

それなのに、嬉しそうに、

いえ、嬉しいどころか幸せそうに「ラララ♪ララララ~♪」とメチャメチャ明るく歌っているのです。

「素晴らしいわぁ~(^-^) 」のヒトコトです。

あれをCMに起用した会社の感性は素敵ですo(^-^)o

生きていれば、大半の人間が、持病ぐらい出てきます。

かく言う私も、ドクターがお手上げの持病を若い頃から抱えて、現在も治療している人間です。

通院も10年以上になりました。

通院や治療をやめたら、現世とおさらばです。

でも私は「私は病人だから」と逃げたくも無いし、

悲劇のヒロインぶって持病を抱えてる自分に酔いたくもありません。

持病を周りの人に公表して、同情や興味を引こうとも思いません。

病気を何かの理由や、何かの言い訳にした生き方はしたくありません。

病気を利用して、自己アピールはしたくないのです。

私は病気は個性の一つと考えます。

同じ年齢の人間でも、同じ環境で同じカロリーを摂取してても、

ガリガリに痩せている人もいれば太ってる人もいる。

それは生まれながらに持っている肉体の個性です。

痩せようが太っていようが肉体の個性。

病気もその人物に与えられた個性。

単にそれだけのことです。

「病気です」…それが何か?

天から与えられた個性なら、それで了解ですよん♪

私は与えられた身体(病気)と仲良く付き合って生きて行きます。

個性なのだから少しぐらい他人と違っていたって当たり前じゃありませんか。

個性が際立っていたら、それは特別な人間なのですか? 

不幸なのですか?

その個性を特別視してもらいたいですか?

病気など単なる個性なのだから不幸ぶる必要は無いと私は思っています。

同類相憐れむなど真っ平です。

病気の苦労話など、聴く気にもなりません。

話したって治るわけじゃないですし、面白くも無い病気の話をしようとも思いません。

聞かされる身にもなってください。 

聞いたら、何かしら気を使って慰めなくちゃいけないのですよ(笑)

そんなの迷惑なだけでしょう^^

健康な人も不健康な人も、皆、懸命に生きています。

健康な人も不健康な人も大変な思いをしながら生きるのは、みんな同じ。

不健康な人だけが健康な人より多く頑張ってるわけじゃないと思うなぁ~。

だから、なお更、私はこのCMに惹かれたのかもしれません。

「♪~僕には夢がある、希望がある、そして持病がある、ララ~ララララ~♪」

そそ、病人だって夢も希望もあるのです(笑)

的を得てて笑えるわぁ~(^O^) 

私にはスッキリ爽快なCMだわ。

「ララ~ララララ~♪」

今日も笑顔で元気に参りましょう(*^_^*)
2010.06.28 Mon l 日記 l top

テレビ番組で県の定番商品だと紹介していたものです。

珍しく千葉県でも栃木県フェア?なのか売られていたので買ってみました。

栃木県では定番でもこちらでは普段は売られていないものです。

飲み物はヨーグルトをレモンジュースで薄めたような味でした。

チーズケーキはレモン色のチーズケーキでした。

これが栃木県の定番なのねぇ~(^O^)

なるほどでした♪


2010.06.27 Sun l 日記 l top



ji


ちょっと良いものを見てしまいました。

真っ黒なスーツを着てサラサラの長髪を風になびかせてるお兄さん。

年の頃は30歳って感じでしょうか?

その出で立ちは、何処から見ても渋谷や新宿あたりにいる黒服のお兄さんだ(笑)

そのお兄さんは自転車に乗っていました。

ただの自転車ではございません。

自転車のカゴには溢れんばかりの花が入っていました。

そればかりではありません。

右手には大きな花束まで持っている。

お兄さんの長髪は風に爽やかになびいている。

しかもお兄さんは、これ以上の幸せは無い!、、、と言う顔をして満面の笑顔なのです。

嗚呼~、幸せそう♪

そのお兄さんはハッピーを振り撒きながら私の目の前を通りすぎていきました。

その様子は、まるで何かの物語でも見てるようなハッピーさなのです。

強面のお兄さんのハッピー笑顔に遭遇した私までもが、幸せな気分になりました。

笑顔は人を幸せにしてくれるのですね♪

幸せそうなお兄さんを見かけて、ちょっと嬉しい私でした(*^_^*)

今日は絵日記で(笑)

皆様にも幸せが伝染しますように( *´艸`)
2010.06.26 Sat l 未分類 l top

夕顔が次々と咲き始めました。

赤花夕顔は一鉢だけ。

青花夕顔も一鉢だけ。

白の夕顔は8個の長いプランター、大きな鉢一つ、小さな鉢3つに植えてあります。

今、私の庭にはたくさんの白の夕顔が咲いています。





夕顔が好き。

白き夕顔が好き。

朝には気にも留められず。

昼には邪魔にもされず。

あなたが眠りにつくその夜更けに

あなたを見守りコッソリと咲く夕顔が好き。

月に恋して

星を愛する夕顔が好き。

月の灯りを

星の光を

必死に探す夕顔が好き。

風の独り言にさえ、ほほえむ夕顔が好き。

小さな愛を信じて生きる夕顔が好き。

もしも私が花ならば

私は

夕顔になりたい。


2010.06.25 Fri l 日記 l top

1日の終わりに空を見ると綺麗なピンク色でした。

日中は雨降りだったと言うのに何て綺麗な空。

そう言えば学生だった頃、不思議な色の空を見た。

ちょうど学校帰りの時間帯で、見たこともない色の空の下を友だちと空を見上げたのだった。

まるでクレヨンの水色のような肉感的な空だった。

あの日も空の縁がピンクに染まっていたっけ♪

あまりの美しさに私たちは言葉を無くし呆然と立ち尽くしたんだった。

大勢の大人たちも路肩に車を停めて空を見上げていた。

あの美しさは、いったい何だったのだろう?

空の美しさに圧倒された私は

あの日 誰と帰ったのか覚えていない。

私は手を強く握られ「帰るよ」と言われてやっと我に返ったのだった。

それまでは空に心を奪われて放心状態だったのです(^O^)

あの空をもう一度 見たいものです(*^_^*)
2010.06.24 Thu l 日記 l top

家庭菜園の青シソが食べごろになったので早速摘んで来て料理しました。

今回は(焼きうどん)にしました。

具は豚肉、シメジ、青シソ、タラコ。

青シソはアレルギー体質の人には、とても良い野菜です。

アレルギー体質の人に出す病院から処方される薬にはシソの栄養分が使われていますよ。

それから、敏感肌用の化粧品にもシソ成分が配合されています。

シソは7つの毒を消すと言われ、その薬効は高く評価されています。

だから昔からシソは、お刺身のツマに使われたり、天ぷらや梅干し作りに使ったり麺の薬味に使われているのですo(^-^)o。

特に高い健康効果を認められているのは【アレルギー・がん・うつ】です。

シソを体内に取り込むのは体内に7人の王様がいるのと同じです。

心強いでしょう♪

たくさん食べてくださいね(*^_^*)
2010.06.23 Wed l 日記 l top

チビ君たちが本日ヘアーショーを開催します。

ヘアーアーティストの最新技とモデルさんたちとの美の競演です。

チビ君と共演するヘアーアーティストは美容師業界での受賞歴も華々しい人ばかりです。

チビ君も勿論、昨年度の大会ではベスト3に入っている。

ショーでは音楽に合わせながらモデルさんを華麗に変身させていく。

チケットはプレイガイドでも発売されています。

チビ君は、この日に向けて連日、深夜まで練習を重ねて来ました。

万全を期してショーに臨むのです。

皆、綺麗に変身するだろうなぁ~。

最新のお洒落♪

流行が作られる瞬間ですね♪
2010.06.22 Tue l 日記 l top
私は社会人になってから毎年欠かさず母に(父はいない)プレゼントをしている。

母の誕生日、母の日。そして母が55歳を過ぎてからは敬老の日にもプレゼントを送っている。

結婚してからは義理の母にも同じようにしてきた。

義理の母は、私たちの家に来る時は私を気遣ってか、私がプレゼントをしたものを身につけて我が家にやってきた。

きっと義理の母の好みで ないものもあったろうに!

嫁の私を気遣ってくれたのだと思う。

私の母は、、、。

義理の母と違って私がプレゼントしたものは、まず身につけない。

今年は母にブラウス2枚と下着の上下を3組をプレゼントしました。

先日、母から電話が来た。

私がプレゼントしたものを身につけた感想を伝えるためにです。

「この下着はいいわぁ。身体が楽だわ。ブラウスも肩が凝らなくていいわぁ。鏡で見てみたけど、サイズもピッタリでお洒落だわ」

母はご機嫌だった。

「そうでしょ♪身体が楽なのがいいわよ。着てなさいな」

ところが話をしているうちに、だんだんと話が噛み合わなくなってくる。

母は私が今年プレゼントしたものでは無く、数年前にプレゼントをしたものを着て電話をよこしたのだった。

「私が今年プレゼントしたのはどうしたの?」と聞くと母は鏡の前で合わせて仕舞い込んだと言う。

何故、仕舞い込んだか訊ねると

「勿体ないから、何かの時に、どこかに出かける時に着る為に仕舞った」のだと言う。

私はそれを聞いて笑ってしまいました。

「何かって何よ? どこかってどこよ? そんなことを言わなくて良いから普段から着ればいいのに。着るときがなくなるよ」と言うと母は「それもそうだ!仕舞わないで着るわ」と笑った(^O^)

だけど母のことだ。

きっと素直に着ることも無く箪笥に仕舞いこんでいるだろう。

今年の正月、私が帰省すると母の箪笥には私が20年前にプレゼントした服がタグがついたまま仕舞われていた。

そして母は20年前の服を引っ張り出しては「似合うでしょう」と誇らしげに私に見せびらかしたのでした。

すっかり時代遅れになってしまった服を誇らしげに身体に合わせて自慢してる母を見ていたら泣けて来た。

母は今年のプレゼントも箪笥の奥に仕舞い込んでいるだろう(*^_^*)
2010.06.21 Mon l 日記 l top



シッポっ子たちは月1の美容院の日でした。

我が家に帰って来ると皆から「オリコウちゃんだったね」と声を掛けて貰える。

それがだ!

大好きなお兄ちゃんが友だちを連れて仕事から戻ってきた。

いつもなら「オリコウちゃん」の言葉とともに(^з^)-☆Chu!があるのに、

お兄ちゃんは友だちの手前か、「オリコウちゃん」も言ってくれないし(^з^)-☆Chu!!もしてくれない。

シッポっ子たちは悲しい。

しかもお兄ちゃんの友だちはお兄ちゃんの部屋にお泊まりなのだ。

シッポっ子たちはお兄ちゃんの部屋から出されてしまった。

シッポっ子たちは寂しく思ったに違いない。

朝になるとシッポっ子たちは大好きなお兄ちゃんを起こしに行く。

大好きなお兄ちゃんの横には憎き敵が二人、暢気に眠っていた。

( ̄ー+ ̄)ニヤリ

チャンス到来♪

大好きなお兄ちゃんの横で寝るなんて100年 早いのよ!

・・・と思ったのかどうかは謎だけど!

シッポっ子たちは眠っている敵二人の男に向かってオシッコを引っ掛けたのでした。

敵の二人の男は突然の襲撃に驚いて起きて来た。

シッポっ子たちは勝ち誇ったようにシッポを振っている。


朝食になると敵二人の男はシッポっ子に自分の朝食を分けてあげなきゃならなかった(笑)

お陰で敵たちは実に質素な朝食になってしまったのでしたo(^-^)o

因みに自家製のイチゴジャムがアッと言う間に無くなってしまいました。
2010.06.20 Sun l 日記 l top

艶やかな薔薇だと思いませんか?

私にしては珍しく大人ピンクの薔薇を選んだでしょう(^O^)

薔薇のように年相応な美しさを持てるといいのに!と心を背伸びさせて数年前に買った薔薇なんです。

薔薇は今年も素敵に咲いたのに私は進化なしです。


2010.06.19 Sat l 日記 l top


今年は きっとラストかな?

摘みたてのイチゴでジャムを作りました。

ジャムなどを作っていると部屋の中に美味しそうな匂いが溢れて、とても幸せな気持ちになります。

世の中には買った方が見栄えもして美味しいものは沢山あります。

手間暇を掛けて作る方が不経済なこともあります。

だけど私はやっぱり手作りの方が好きです。

料理は愛情♪

愛がなければ料理は作れないかもしれませんね(*^_^*)

色んな場面の私がいるけれど、私は料理をしている自分が一番に好きな自分かもしれませんo(^-^)o
2010.06.18 Fri l 日記 l top

私の白ネムの花が咲きました。

私はネムの花が好きなので私の庭にはネムの花は白、赤、ピンクの3種類のネムの花があります。

でも、この白ネムの花はネムの花の中でも特殊なネムの花なのです。

花形はまん丸で可愛いらしいでしょう(^O^)

赤やピンクは扇状の花なのに白だけがまん丸なの。

しかも、1日2日で花が終わってしまうのです。

本当に儚い花なのですよ。

花は命が短いから、精一杯の美しさで咲くのだと、聞いたことがあります。

精一杯の美しさを私に見せてくれた。

その生きざまに感謝します(*^_^*)
2010.06.17 Thu l 日記 l top






種から植えた夕顔が咲き始めました。

同じ日に赤・青・白と植えたら青が最初に咲き始めました。

夕顔なので朝になり、燦々と日差しを浴びると花びらを閉じてしまいます。

この夕顔たちは花びらの中に星を抱いています。

星を抱いて咲き、星を抱いて眠るのです。

ロマンチックでしょう(*^_^*)




2010.06.16 Wed l 日記 l top

かえる


関東地方も梅雨入りをした。

今年の梅雨はどんな梅雨になるかな?

気づけば6月で今年も半年が過ぎたことになる。

早いなぁ~(^O^)

ボォーとしてる間に紫陽花も咲き始めてるではないか(笑)

子どもの頃、我が家の紫陽花には蛙が住み着いていたっけ♪

人見知りが激しい私は庭にいる生き物たちと当たり前のように会話をする子どもだった。

ある日、私の蛙が彼女を連れて私の前に現れた。

私は、その時まで私の蛙に彼女がいることなど知らなかったから少なからずショックを受けたのだ。

だけど、それはそれ!

私は私の蛙に彼女が出来たお祝いに紫陽花の花の根元にクローバーで新居を作ってあげた。

数日間、私は私の蛙が気になってクローバーの家を見に行った。

私の蛙は彼女と仲良く暮らしていた。

でも私はフッと思った。

「邪魔しちゃイケナイ」と。

その日から私は私の蛙の暮らしを見るのを止めた。

梅雨が明けて夏になったある日。

紫陽花の花の下を久しぶりに覗いて見るとクローバーは茶色に乾燥して枯れていた。

私の蛙たちは居なかった。

「きっと幸せな二人になったのね」と思った。

私は嬉しかった(*^_^*)

イラストは、あの時の私の蛙たちです♪
2010.06.15 Tue l 未分類 l top



デカくんが彼女と釣りに行ってきた。

夕方に二人は戻ってきたのだが、大漁すぎる釣果にビックリしてしまった。

釣って来た魚は500匹はいるのだ。

冷蔵庫に入れるスペースもなく料理をするしかない。

黙々、黙々、黙々。

作る、作る、作る。

私とデカくんとデカ彼女でひたすら料理をする(^_^;)

料理をすること2時間。

全てを料理し終えるとグッタリです。

しかし選挙が待っていた。

投票時間終了まで残り僅かだ。

魚臭さを洗い落とし投票会場に急ぐ。

後、3分で投票時間が終わってしまうのだ。

係員からハンコペンをもらい投票しようとしたが、キャップをしたままのハンコペンを渡され

「どこにペッタン(ハンコ)があるの? 私のペンにはペッタンが無いわよ」と大きな声で叫んでしまった。

ど近眼のくせに裸眼で行ったので

何処から何処までがペンで、何処からがペンのキャップなのかが見えなかったのです。

アホのような大声で叫んだせいで係員に苦笑いされてしまった(ToT)

投票をして自宅に戻るとデカくんとデカ彼女は疲れきって、うたた寝をしていた(^O^)

うたた寝の二人を起こして、皆で夕食を食べることにした。

どの料理を見ても魚だらけ(笑)。

料理をして疲れきった私はゲンナリしていた。

もう、魚など見る気にもならないし、食べたいとも思わない(笑)。

そうだ、この料理は彼女の家にやってしまえ( *´艸`)

「これは○ちゃんちの分よ。 お家に持って帰りなさいな♪ イッパイお魚を食べなさいよぉ♪」

デカ彼女の家にも大量の魚料理をお土産で持たせることにした。

詰める、詰める、詰める。

あれもこれも詰めて彼女に渡す。

これで、取り合えずは魚料理が半分の量になった(*^エ^*)

ははは。

チョットご機嫌になった私たちは夕食を食べ始めた。

それなのに、食べても食べても魚料理はまだまだ有る。

ウンザリだぁ~。

あまりの魚料理の多さに彼女の家でもギョとしていることだろう(*^_^*)

2010.06.14 Mon l 日記 l top

夕方から買い物に行き、ゆっくりしていたら放送があるのをスッカリ忘れていました。

放送に気づいたのは残り時間が40分の時でした。

その中で南さんが木に抱きついているシーンがあった。

木と会話するとも言っていた。

「嗚呼、私と同じだ」

私も大木を見つけると子どもの頃から大木に抱きついていた。

そうして、木と内緒の話をしていたのだった。

私が南さんに惹かれるのは素になった時の自分が似ているからだろうか?

長年、南さんのコンサートに通っているが、

南さんが木に抱きついて、内緒話をしていたとは~初めて知ったことでした。

南さんが大木に抱きついて木に耳をあて撫でながら

「今日まで一緒に生きてきたんだよね」と呟いたのを見ていたら

何故か泣きそうになってしまった私がいました。


2010.06.13 Sun l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

ひょんなことから私の元にうさぎのブローチがやってきた。

白いお花が描かれている。

何だか不思議な国のアリスにでも出て来そうなうさぎでしょう♪

白く小さな花は私の好みの花でもある。

おもいがけず私のところに来たのも意味があるのかな?

物も人も一期一会。

きっと意味があるはず。

うさぎちゃん、大事にしよう(*^_^*)
2010.06.12 Sat l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

我が家に新しい植物が増えました。

ハートツリー。

この植物は、やがて真っ赤なハートの実をつけるのです♪

真っ赤なハートがプチプチとなったら可愛いだろうなぁ~と思い買い求めました。

ハートを見るたび幸せな気持ちになるかも(^O^)

今はまだハートの実は無いけれど、やがて真っ赤なハートがプチプチとなる予定です。

一年でどれくらい育つのかしら?

今はまだまだ小さくて、玄関のタイルと比べても赤ちゃんって感じです。

しばし、愛を育てに勤しみます(*^_^*)


2010.06.11 Fri l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

我が家は息子たちは赤ちゃんのころから和食中心でした。

中でも(切り干し大根の煮物)は息子の好きな和食のベスト10に入る料理です。

今は成人した息子は(切り干し大根の煮物)をつまみにして晩酌ですo(^-^)o

我が家の切り干し大根の煮物は必ずキノコが入ります。

今回は椎茸を入れてありますがキノコから出るダシは骨の成長を促します♪

子どもは大人と違って日々、骨が成長しています。

丈夫な身体の子どもにしてあげたい!の思いから、我が家では昔からキノコ類をたくさん食べているのです(^O^)

今回は椎茸、竹輪、油揚げ、切り干し大根で煮物にしてあります。

竹輪はお魚で作られているのでカルシウムが豊富です。

大根は干してあるので栄養分もビタミンも倍増しています。

この組み合わせで益々、骨を丈夫に♪ですよ。

切り干し大根は好きですか(*^_^*)

2010.06.10 Thu l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top




ボゥーとしたままデザート作り。

食後にデザートを食べた家族は怪訝な顔をしている。

「歯ごたえがありますねぇ~」

「ん?」と思い私も食べてみる。

確かに歯ごたえがある。

まるで蒟蒻ゼリーみたいな歯ごたえなのです。

息子は「お母さん、ボケたの?左手は痺れてないか?」と呟く。

左手の感覚がオカシクなるのはボケの前兆の一つでもあるのです。

まだ左手に異変はない。

しかし私は、あることに気づいてしまいました。

実は一つ分が少ない分量で冷やしてしまっていたのでした。

頭ではボスくんたちの分も入れたつもりだったのに、

電話が鳴って話が終わり電話を切ると

ボスくんたちの分を入れたつもりで仕上げの冷やしをしてしまっていたのでした。

だから通常のものより歯ごたえがあるものになってしまった。

細かいことは気にしないボスくんたちは喜んで食べてくれましたが、歯ごたえがあって変なデザート。

自分のウッカリミスをボケだとは認めたくないのは、やっぱりボケの始まりでしょうかねぇ~?

ここは素直に謝った方が良さそうですね。

「私が悪ぅございました」(ノ_<。)

それでも優しいボスくん、レディーちゃん、ひなちゃんは完食後に

「お母しゃん、美味しかったよ♪」と、私にご馳走さまの(^з^)-☆Chu!!をしてくれました。


2010.06.09 Wed l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

ギリシャのコースターを貰いました。

石製?煉瓦製?なんですよo(^-^)o

鮮やかな色合いに、どことなく異国の香りを感じます。

今夜は、このコースターに濃いめのお酒を載せて飲んでみましょうか。

しばし異国の風に吹かれてみましょう(*^_^*)
2010.06.08 Tue l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
336173view001.jpg



解説: 患者のたらい回しなど現代の医療問題に鋭く切り込む衝撃的な医療ドラマ。実際に医療に携わる大鐘稔彦の同名小説を基に、地方の市民病院に勤務する外科医が旧弊な医療現場で困難な手術に立ち向かうさまを描く。主人公の外科医を『クライマーズ・ハイ』の堤真一が演じ、『フライ,ダディ,フライ』『ミッドナイト イーグル』の成島出がメガホンを取る。ほかに、夏川結衣や柄本明などが共演。リアルな医療現場に震撼(しんかん)させられるのはもちろん、鬼気迫るストーリー展開も見応え十分だ。


あらすじ: 1989年、ある地方都市。市民病院に赴任した外科医の当麻(堤真一)は病院の体制に不満を感じながらも、次々と困難なオペに取り組み、医師としてやるべき仕事にまい進していく。しかしそんな中、病に倒れた市長のために、違法となっている肝臓移植手術を施すべきか否かの選択を迫られ……。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

人は仕事をするとき、職種従事者としてのプライドを心の礎として仕事をするのか、
それとも立身出世を心の礎として仕事をするのか?

きっと、どちらも正解なのだろう。

そんなことを思いながら観て来ました。

それにしても堤真一さんは素敵な俳優さんになりました。

まだまだ成長する役者さんでしょうね♪

彼の演技も私には楽しみの一つです。
2010.06.07 Mon l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top









珍しいキムチを買いました。

(サキイカのキムチ)と(梅キムチ)です。

この量でどちらとも1400円ぐらいです。

梅キムチはちょっと驚きの味です。

梅の酸味と甘みと辛さが絶妙なの。

私は梅キムチが好きです。

とっても深みのあるキムチです。


お勧めです(*^_^*)

2010.06.06 Sun l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
自宅まで迎えにこられて、女友だちとランチをした。

友だちと言っても私より10歳も年上の女性です。

彼女は何かにつけて私の顔をわざわざ見に来てくれる人です。

彼女はランチの帰りに何度も言う。

「ありがとうね。私なんて1日中、家族以外の人とは話さないで過ごすことも多いの。
家族以外の人間と会話するなんて久しぶりなの。本当に楽しいわ」

彼女は専業主婦で家族を職場や学校に送り出すと、昼間は一人きりで過ごしている。

家族が夜勤だったりすると朝まで一人きりなのだ。

そんな夜は私の携帯が鳴る。

寂しがりやの彼女が私に電話をよこすのです。

話をしていると彼女は決まって言う。

「友だちでいてくれてありがとう。あなたがいてくれるから私は安心できるし、嬉しいのよ」と。

彼女が私を友だちだと言ってくれるのだから私は、きっと彼女の友だちなのだろう?

でも、そもそも友だちってなんだろう?

子育てしてる時、子どもぐるみや家族ぐるみで遊んだ人たち、

我が子を学校に通わせていた時、お互いの家を行き来して頻繁に付き合っていた人たちは、

果たして私の友だちと呼べるだろうか?

ご近所の人たち、ペットや趣味や日ごろの生活で知り合った人たち、一緒に遊びに出歩く人たち、

仕事関係で長年に渡り懇意にしている人たち、親戚は私の友だちだろうか?

日ごろ、会ったり、電話したり、メールしたりして馬鹿話を交わす人たちは私の友だちでしょうか?

私個人としては、、、、

どんなに仲良くしていても、

何処か心の中で一線を引き、気を使いながら付き合っていて(私の友だち)とは、違うように思える。 

ドチラかと言えば友だちと言うより…気の合う知人・仲良くしている知人と言った方がシックリくるような?

私が学生だったころ、

まだ独身だったころ、

秘密を共有するほど仲良しだった女友だちとは、いつの間にか昔みたいな付き合いは無くなってしまった。

そう思うと、私の女友だちって果たして誰だろう?と思ってしまう。

知人と友だちの境はどこにあるのかな?

年齢を重ねて、大人になって、結婚して、親になって、それでも(私の友だち)とは?

既婚の皆さんは同性の友だちって何人ぐらいいますか?
2010.06.05 Sat l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

夕食が終わり、夜の散歩が終わるとシッポっこたちはアイスクリームがもらえます。

オリコウさんな子から貰えるのです。

だからシッポっこたちは必死でオリコウさんになります。

だけど貰えるのは一口だけです。

何故かひなちゃんはアイスクリームを多く食べると決まって夜中に吐くのです。

だから一口しか食べれないの。

ボスくんとレディーちゃんは吐かないのですが、ひなちゃんは必ずなのです。

胃腸がデリケートなのかもしれません。

差別は可哀想なので、みんな一口だけで我慢します。

ズルッコはしませんo(^-^)o

貰えるのは一口だけなのにみんな必死でしょう(*^_^*)
2010.06.04 Fri l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top



私は昔からバオバフの木が大好きです。

もしも海外旅行に行けるならバオバフの木を見に行きたいなぁ~。

そしてバオバフの木にピトッと抱きつきたいo(^-^)o

面白い物を見つけたので買いました。

ペプシバオバフ♪ ペプシの新商品でしょうか?

そして、このペプシバオバフの下にあるのは、バオバフの木の繊維で作られたブックカバーです。

現地に住んでいる原住民が作ったブックカバーなんですよ。

バオバブの木の繊維は紙や布などに加工され、木の栄養分はシアバターになり商品として取引されます。

現地にはまだまだ学校も少なく、学校に通えていない子どもも沢山います。

1度も教育を学んだことも無く大人になることも普通なのです。

水も井戸水があればマシな方で、不衛生な水を飲んで暮らしています。

生命力が弱い人間は、いとも簡単に命を落としていきます。

子どもたちの多くは3歳児ぐらいから水を運ぶ仕事(片道3キロの距離を運ぶのです)や

ゴミをあさる仕事をして生きています。

ブックカバーは、そんな子どもたちに塩と氷砂糖を届けたくて購入しました。

これで100人以上の子どもに氷砂糖を配布できるのです。

子どもたちがせめて笑顔でいられますように(*^_^*)


2010.06.03 Thu l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

キッチンで貧乏菜園をしてます。

根付きアサツキは根から5センチぐらい残して水に付けておきます。

私はペットボトルを切ってアサツキの根を入れてます。

一週間ぐらいで伸びるので重宝しますよ(*^_^*)
2010.06.02 Wed l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top



ボスくん・レディーちゃん・ひなちゃんは月1で美容室に行っていますが、

フロントライン(ノミよけ薬)をつける前に、もう一度シャンプーをしてあげようと思い立ちました。

そこで朝からボスくん・レディーちゃん・ひなちゃんをシャンプー。

風邪を引いたら大変とドライヤーで乾かしてあげる。

これに要した時間は3時間30分。

一人で中腰の姿勢でシャンプーやドライヤーをしていたら腰が砕けそうになってしまいました。

シャンプーの後は順番に耳の掃除もします。

ボスくんたちの耳の洗浄液はスースーするの。

ひなちゃんは耳の洗浄液が嫌い。

泣きそうな顔をして耳掃除の順番を待ってるでしょう?

目がウルウル(ToT)

それにしても中腰で作業をしていたら腰が砕けそうに痛くなってしまいました。

中腰での作業はキツイです。

筋肉痛です。

そう言えば昔、「嗚呼~痛い(>_<)」と言うと「誰に会いたいの?」なぁ~んて言われましたね(*^_^*)


2010.06.01 Tue l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top