1616BBS 無料レンタル掲示板 空の下 2017年に見た映画
51U0YWmiNNL__SY445_.jpg


映画…青い炎…2003年

★あらすじ
17歳の少年、櫛森秀一には殺したい男がいた。曾根隆司。酒飲みで母親の友子に何度も暴力をし、離婚したのに十日程前に再び櫛森家に住みついた男。秀一は母と妹の遥香を守るために、曾根を殺害。完全犯罪が成立したと思った直後、この義父殺しを知り得る人物が現れた。石岡拓也。秀一は口封じの為に友人である石岡の殺害も決意する……。

監督:蜷川幸雄 出演者:二宮和也(櫛森秀一)、松浦亜弥(福原紀子)、鈴木杏(櫛森遥香)、秋吉久美子(櫛森友子)、中村梅雀(山本英司)、山本寛斎(曾根隆司)ほか

★個人的感想

映画は秀一が、逮捕されるところで終わってしまう。

私に秀一のような知能があったなら、どうなっていただろう?

…松浦亜弥がデビューしたとき、周りから私と彼女は似てると言われたものだ。

似てるんだろうか?(笑)

それにしても秀一を演じてる二宮くんは、昔から演技が上手いね。

二宮くんも、映画界を引っ張っていける優秀な俳優さんの一人ですわ。

スポンサーサイト
2017.07.14 Fri l 2017年に見た映画 l コメント (0) l top
61qrqF6g6DL__SL160_.jpg

★あらすじ

資産を持った高齢者の配偶者となり、その遺産をいただくのが「後妻業」。結婚相談所の所長・柏木は、「後妻業」のスペシャリストである小夜子に「太客」を紹介し、うまく遺産が手に入れば山分けするというビジネスをしていた。柏木たちのやり方は高齢者から財産を手に入れた後は「殺してしまう」のも辞さないという、まんま犯罪行為であったが、大した罪悪感もなく次々に高齢者を手にかけていた。しかし、9番目の夫が死亡した際に、財産をごっそり奪われていたことを知った、夫の次女が怒り心頭。次女は小夜子を「後妻業の女」だと突き止め、追い詰ようと決意…ここから順風満帆だった柏木たちの頭の痛い日々が始まる。


★個人的感想

このような話は、もしかしたら表向きにならないだけで、わりと多くあるのかもしれないね。

業…にならなくても、後妻などになるときは嫁ぐ側の親族(主にアチラさんの子ども)には良くは思われないのが一般的でして…。

しかしながら、人様が築いた財産に群がるって、浅ましいと言うか人間のサガなのかもしれないけど、私はイヤだわ。

もしも、私が資産家の子どもとして、または資産家の嫁として存在したとしても、私は財産分与の騒ぎにはノータッチでしょうね。

「みんなの好きになされば?」で終わりですわ。

それで、私が蚊帳の外にされて、その結果、干からびて朽ちたとしても、私はそれで良しとするでしょう。

だって、人様のお金を手にしても碌なことになりませんって(恨まれ、妬まれ、死ぬまで…下手したら死んだ後までも良くは思われないのだから)

それだったら、わが身ひとつで、つつましくも笑顔で生きていた方が清々しいでしょう。

お金など、普通に生きれるだけ(衣食住ができる)あればそれでOK。

裕福で贅沢してる人を見て「良いわねぇ~、素敵ねぇ~、羨ましいわぁ~」と言ってるくらいが、罪も無く、平和で、1番の幸せ者なんです。

詐欺師になる人の気持ちって理解できないわ。

どうして、わざわざ人に恨まれるようなことに身を投じるのか?

それにしても、大竹しのぶと言う女優は大した者です。

上手いなぁ~の一言ですね。

【身ひとつで この世に出でて 身ひとつで はい、さようなら】…byちえこ


2017.06.26 Mon l 2017年に見た映画 l コメント (0) l top
51YoxmOJdUL__SX348_BO1,204,203,200_


映画…海難1890…2015年

★あらすじ

1890年、和歌山県串本町沖。後のトルコであるオスマン帝国の親善使節団を乗せた軍艦エルトゥールルが座礁して大破、海に投げ出された乗組員500名以上が暴風雨で命を落とす。そうした過酷な状況下で、元紀州藩士の医師・田村元貞(内野聖陽)やその助手を務めるハル(忽那汐里)ら、地元住民が懸命の救援活動に乗り出す。イラン・イラク戦争中の1985年、日本政府は危機的状況を理由に在イラン日本人の救出を断念。そんな中、トルコ政府は彼らのためにある行動を取る。


★個人的感想

この映画は実話を元にしています。

イラン・イラク戦争で日本政府は在イラン日本人の救出を断念した。

しかしトルコ政府は自国民より在イラン日本人の救出を最優先させた。

何故なら、トルコ政府は100年前に日本人に助けられた過去を忘れていなかったからだ。

心は国境、人種、時代も越えることができる。

どんな肌の色をしていようが、どんな言葉を話そうが、人間は皆、誰かを愛していて、自分の命を投げ出してでも守りたい人がいるのだ。

「気をつけてね(行きなさい)…。さようなら」

涙が止まらなくなった。


2017.06.20 Tue l 2017年に見た映画 l コメント (0) l top

映画…ジヌよさらば~まほろばの村へ…2015年。

★あらすじ
松尾スズキ監督と松田龍平が「恋の門」以来約10年ぶりにタッグを組み、いがらしみきお原作の人気コミック「かむろば村へ」を実写映画化。銀行員なのにお金アレルギーになり、会社を辞めるハメになった高見武晴は、お金を1円も使わない暮らしを求めて東北の寒村に移住する。そこで彼は、隠された過去を持つ世話好きな村長とその美人妻、自ら「神様」を名乗り人々から慕われる老人など、ひと癖もふた癖もある村人たちと出会う。そんな村人たちと触れあいながら、お金とかけ離れた毎日を送るうちに、武晴の人生は思わぬ方向へと転がりはじめる。タイトルの「ジヌ」は、東北地方の方言で「銭」「お金」を意味。共演に阿部サダヲ、松たか子、二階堂ふみ、西田敏行ら豪華キャストが集結。

★個人的感想
私の故郷、福島県(会津、会津坂下、やないず)がロケ地になっています。
台詞も全て福島の方言です。
しかし…原作がお粗末なのか監督が悪いのか脚本が悪いのか、下品です。
武晴のお金目的で美人局的に近づいてくる女子高校生や「お前の女と一発やらせてくれたらチャラにしてやる」「お前の女、顔も良いけどあそこの具合が良いだろう?」「SEXが良いからヨリを戻しました」などの台詞。
…見ていて気分が悪くなりました。
しかも、その台詞を共演者の子どもの前で言い、共演者の子どもが,ひっく返って笑って喜ぶ。
何かにつけて、横蹴りして倒す。
すぐに殴りかかる。
お金を燃やす…などなど。
それらの映像の何が面白いのかサッパリわかりません。
品のかけらも無い映画で残念でした。
出演者が良いだけにガッカリ感でイッパイになりました。
2017.06.19 Mon l 2017年に見た映画 l コメント (0) l top
8f597c402b8f36fc.jpg

★映画…美女と野獣…2017年

★あらすじ
名作ディズニーアニメ「美女と野獣」を、「ハリー・ポッター」シリーズのエマ・ワトソン主演で実写映画化。「ドリームガールズ」のビル・コンドンがメガホンをとり、呪いで野獣の姿に変えられた王子と美しく聡明なヒロインのベルが惹かれ合っていく姿を描く。魔女に呪いをかけられ、醜い野獣の姿に変えられてしまったひとりの王子。魔女が残していった1輪のバラの花びらがすべて散るまでに「真実の愛」を見つけなければ、永遠に人間に戻れなくなってしまう。希望をなくし失意の日々を送っていた野獣と城の住人たちの前に、美しい町娘ベルが現れる。自分の価値観を信じて生きるベルは、恐ろしい野獣の姿にもひるまず、彼の持つ本当の優しさに気づいていく。王子役をテレビシリーズ「ダウントン・アビー」のダン・スティーブンス、町一番のハンサム男ガストン役を「ホビット」シリーズのルーク・エバンスがそれぞれ演じるほか、燭台のルミエール役でユアン・マクレガー、時計のコグスワース役でイアン・マッケラン、ポット夫人役でエマ・トンプソンが出演。

★個人的感想

私は人間に戻った王子さまより、醜い野獣の方が好き。
アニメでもそうだったけど、やはり映画でもその感覚は変わらなかった。

人間に戻った王子にはときめかないの。
私には、醜くて孤独な野獣の方がカッコ良く思えるのです。

…自分が醜いから、卑屈になり不安になり怖気づく。
…醜いからこそ、自分を制して相手を解放する。
(美女と野獣)を観るたび、私はいつも泣いてしまう。
私が泣いてしまうのは、きっと野獣に己の姿を重ねて観てしまうからでしょうね。

 映画は1番後ろの席で見るのが好きです。
だから、私の席からはお客さんが丸見えなの。
お客さんは、白髪交じりの男性がゾコゾコ。
(子どもよりオジサンのほうが多いです)
奥様に連れられて来てるのかな?

この映画では島田 歌穂、岩崎宏美が歌を歌っています。
確かな歌唱力ですね。

この映画はミュージカル風になっていて…小さなお子様には…難しいでしょうし、チョット不親切ですね。
小さなお子様にはアニメ版の美女と野獣の方が楽しめますね。

実写版もよいですけど、個人的には、アニメ版の美女と野獣よりは感動が薄い印象です。
2017.06.11 Sun l 2017年に見た映画 l コメント (2) l top